晴れ晴れ。


上『キュートでお願いしま~す音符

ダイヤ最終演目の前にダイヤ

この度出演をしてくださった神楽団の皆さんから。

石丸さんへ、花束の贈り物がありました。

石丸さんは『びっくりしすぎて、ちょっとパニックで。』

とおっしゃっていましたが。

うっすらねっ、光るものがありました。

月いちのスタッフも、とても気持ち良く、過ごさせて頂きました。

この日の感動が、今後の活動の後押しになると、素敵です四葉


~第四幕 あさひが丘神楽団 平治の乱~

“創作神楽 厳島”の中で怨霊として描かれた源義朝と、藤原信頼。
ここが着想になった作品です。

保元の乱・平治の乱は、複雑な印象がありますが。

それぞれの人物が特徴的なことと、舞手の皆さんの気持ちが全面に出ている舞台で進んでいきます。

―あらすじ(ざっくり)―

保元の乱で共に戦った平清盛と源義朝。
その後清盛は破格の恩恵を被りますが、義朝は、その処遇の軽さに不満をつのらせていきます。

その心の闇に付け込む「中納言 藤原信頼(のぶより)」に操られ、義朝は清盛の留守を狙い決起、御所を制圧し、朝堂のすべてを握る事に成功します。

しかし、一大事を知った清盛は、計略を以て帝を救出し、義朝を追い詰め、信頼を処刑します。

平家の棟梁・清盛が、貴族にかわって朝廷を動かす力を得る、転機となる事件です。



上戦が続く世を嘆き、平家一門あげて、安寧祈願に出かける清盛と重盛。



上信西入道の首をあげ、朝堂を支配する信頼・義朝軍。



上“都に変異あり”とお告げを受けた清盛は、立ち帰る途中、都から逃げてきた、貧乏公家の糠餅より、国の一大事を知らされます。



上神楽団を代表して、花束を渡してくださったのは。
あさひが丘神楽団の、小田徹也さんでした!
右はもちろん、石丸賢太郎さんだよっ



太陽ところでこの日は太陽

ツアーで来ていただいた親子20組の皆さんが。

上演後「くも投げ」を体験されました。

このくもを、快くうけてくださったのは、信頼を演じた「田中 竜士さん」です。

田中さんは、団員の皆さんから「ぺい」と呼ばれていますが。

どこかの大会のDVDの配役紹介で。

「田中 竜士」と勝手に一文字つけられていて。

そこから「ぺい」になったそうです。

次回、ぺいさんにぜひ、ご注目、ご声援をお願いしまっす!



上お蔭様で、子供達、とても楽しそうでした!
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.237539秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3297565