まず、観る。


上ピチピチした裏方さんと、後 悟志さん(文屋康秀)。
初演、がんばるぞっ~


ダイヤでは、月いち後半に進みましてダイヤ

なんと2演目!新作・初披露となりました。

この度は、演目毎に石丸さんが解説を行い、あえて「あらすじ」としてご紹介はしませんでした。

神楽は、もともと目に見えるもの、見えないものを心に感じて受け止めるもの。

又、趣であるということから。

まずは、舞台を見て頂きたい。

『初めは意味が分からなくても良いと思います。』

見て頂いて分からない所、興味が湧いた所は、自分なりに調べて理解を深め、次の鑑賞に活かすことができる。

これが神楽の醍醐味でしょう!

というお話でした。

実際、目を凝らし、耳を澄ませ集中しました。

月いちで、神楽をどんな風に見て頂くか。

月いちのお客さんは、きっと個々に、最高の楽しみ方をお持ちでしょうねにこっ


~第三幕 上本地神楽団 関の扉(せきのと)~

小野小町を題材とした七つの謡曲の中から「草子洗小町(そうしあらいこまち)」を基とした創作神楽。

登場人物として、六歌仙のうち、五人の歌人で展開し、善悪がシンプルに描かれます。

―あらすじー

良岑宗貞(よしみねむねさだ)は、逢坂山へ隠居し、冬に狂い咲く淡墨桜を愛で、関守と共に日々を過ごしていました。

そこに宗貞の昔の恋人である、小野小町が偶然差し掛かります。

2人の様子を察した関守は、その場を立ち去りますが、この関守の正体こそ、天下を狙う「大友黒主(おおとものくろぬし)」。

文屋康秀(ぶんやのやすひで)と共に、左道の術を持って小町たちを追い込みますが、和歌と桜の霊力から、在原業平(なりひら)の助けを得て、黒主を討ち破ります。



上再会を果たす宗貞と小町。
関守が立ち去る際に落とした「勘合の符印(かんごうのふいん)※謀反の証」に不信を抱きます。




上淡墨桜に、弟・安貞(やすさだ)の、血に染まった単衣の片袖を見つける胸貞。桜の霊威により、都での一大事を知らされます。



上黒主らの妨げであった、安貞(宗貞の弟)を討ち取ったと康秀が駆けつけます。『いまぞ、天下を我が掌中におさめるべし』



上桜の精霊か、業平の助けも加わり、黒主は野望を打ち砕かれます。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.233182秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3287551