定着。


上厳しく警護するようにと仰せつかりますが・・・

ダイヤ近頃、琴庄神楽団の皆さんとご一緒する時はダイヤ

上演後、崎内俊宏団長に、何気なく付いて歩いて話を伺う。

いわゆるぶらさがり。

しかも『今日は如何でしたか~?』というざっくりな投げかけです。

初めはいつも『いつもと一緒よぉ!』と苦笑されますが。

必ず足を止めてから、その日の想いをちゃんとお話してくださいます。

滝夜叉姫から、急遽、羅生門に変更となったこの日。

前日の、戸河内の競演での疲れも見せずに、エネルギッシュで華やかなお務めでした。

しかし、終わった途端。

控室では、この日の羅生門について、かなり細かな厳しい反省会。

“熱いうちに打つ”ということでしょうか。

さて、反省会の興奮覚めやらぬ、崎内さんのお話は。

『自分たちで考えながら仕上げる演目いうのは、我が子と一緒よ。
 我が子いうのは可愛いでしょう?可愛くて欠点が見えにくい。
 でもあえて!欠点を探して、ひとつひとつ良いものに変えて、
 大きく育ててやりたい思うとります。』

頂きましたっ!今回も、ありがとうございましたにかっ

~第4幕 琴庄神楽団  羅生門~

京都には、神楽縁の地が数多く残りますが・・・

今では鉄筋コンクリートとなった戻り橋。

その戻り橋から、南へ5キロの公園の隅には。

羅城門(らじょうもん)跡と書かれた説明板と、小さな石碑が、ひっそりと建てられています。



上情に付けこむのが鬼。情に流されるのが人。



上一先ず、鬼の勝利となりました。



上酒呑童子(東 成憲さん)茨木童子(栗栖和昭さん)も、子供好きでして。
こういう思い出って、大切よねーにこっ

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.246967秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3287991