ひとつ知って深まる。


上運命であります。

星聞くは一時の恥と申しますが星

道成寺の上演後、素朴(?)な質問を・・・。

凄まじい愛憎の果てに。

『どうして清姫は、安珍が、鐘の中に隠れていると分かったのでしょうか?』

ぎょあんたぁ、今まで知らんかったんかぁ』

小田頼信団長に呆れながらも、控室にて、丁寧に教えて頂きました。

「鐘はひびくらむ(ん)」

「鐘は聴こえず」

天の声と、清姫の激情が相俟って。

そして降ろされている鐘に、確信する。

何度も拝見していながら・・・偏って見てたわ~。

雰囲気や表情だけ追っているみたい、もったいない。

ただ、舞台で描かれるのは理屈ではなく。

天の声はやはり、蛇鬼となってまで安珍を求める、清姫の心かなと思います。

清姫を自分に重ねてみれば。

人の内に秘めてるものは大差ない、という物語。


~第3幕 大塚神楽団 道成寺~

今から50年ほど前は。

道成寺は、新婚旅行の人気NO1だった南紀白浜コースの入口に位置し。

多くの新婚さんや観光客が観光バスを連ねたといいます。

講堂では、安珍清姫の物語の絵巻きを開いて、ご住職の説法が行われました。

今では、広い駐車場に、当時の様な活気は見られないということです。



上船頭は小田頼信団長。お待たせ~音符音符



上身を滅ぼしても、なお募る想い。
最後の場面は、清姫だけでなく、見る者の気持ちも救いますね。


これまた続いちゃいマウスねずみ

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.23324秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3297798