神楽見てGO!
うし花田植えの神楽にはうし

いつもより広範囲からお客さんがいらっしゃいます。

よって、この度は、演目の解説に、伝説の地が現在どうなっているか?というお話を加えました。

須賀の地に建てられた八重垣神社のお話から始まり、葛城山、道成寺、羅生門。。。

それぞれが、その物語にふさわしい場所なのでしょう。

物語を知らなければ、その場所に立つこともないかも。

神楽の舞台は、時空の扉のようですね。

~第2幕 中川戸神楽団 土蜘蛛~

四季の自然の豊かさに、大勢の観光客が登山を楽しむ葛城山。

その山頂から、奈良・大和盆地、大阪市内まで見渡せます。

麓の「一言主(ひとこのぬし)神社」には、土蜘蛛を3つに分けて埋めたという“蜘蛛塚”があります。



上胡蝶は松田大地さん。魔を住まわせる美しさ。



上客席の反応に、舞台の皆さんの気持ちも上がっていきます。



上今年の千代田競演にも、土蜘蛛で出られますよ四葉

続きマウスねずみ
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前  2020年08月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.245556秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3760580