和歌のかみさま。


上グラントワ正面庭の彫刻“おろち”。
「口や鼻の穴に指を入れてみて」って書いてありますにかっ


車「和歌と美術展」に行ってきました車

和歌のはじまり、スサノウから。

石見を詠む、柿本人麻呂。

隠岐の地で、歌に生かされた鳥羽院。

特に人麻呂は。

どうして沢山の画家たちに描かれているのか?

似たような姿で描かれているのか?

(´・ω・`?)

これまで不思議に思っていたので、納得の企画展でした。

「歌の聖」から「歌の神」へと昇華した人麻呂。

後の世に、和歌の路跡を念じる歌人たちは。

歌会を催す際に、人麻呂影供(えいぐ)を営み。

人麻呂の肖像画を掲げ、供物を捧げ、歌を献じたそうです。

この儀式は、時を超えて広がっていったというから・・・

人麻呂って、すごいですねっ(今更かっ)。



上カルタ付パンフ。


ダイヤ更に、心を奪われたのは、合わせ貝やかるたダイヤ

貴族たちの暮らしを物語る、きらびやかで色彩豊かな遊具です。

とはいえ、やはり奥ゆかしい日本の美。

繊細で情緒的。

どんな人物が、どんな風に楽しんだのかな・・・トキメクよね~音符

来月3日までの開催なので・・・

お早めに・・

「和歌と美術 歌のたのしみ 絵のよろこび」下

http://www.grandtoit.jp/museum/exhibition/special/wakabi/index.html



上グラントワの神楽めし・えびす丼頂きました。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.234295秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3299066