舞台袖で。


上開場10分前。

ダイヤ最終演目・大江山は琴庄神楽団の皆さんダイヤ

プログラムに予定されていない鬼の姿に、会場は『ワアッ』と湧き、共に楽しむ宴会。

『何ていったら良いですかね・・・大きな大江山を舞おうと思いました。』

崎内俊宏団長のお話です。

『最後の演目は、その大会の印象を決める役割が大きいじゃないですか。
しかも中川戸さんが、ええ茨木を舞(も)うちゃった後ですけぇね。。。気持ち的には、それ以上の大江山を舞いたい!思うとります。』

近頃、大江山三段返しを、違う団体でリレーする会も珍しくありませんが。

これまた切磋琢磨して、志を高くする場なんですね。

しみじみ。

私も人様に迷惑かけないようににこっ頑張る所はがんばろーと、元気を頂きましたっ四葉

第四幕~琴庄神楽団 大江山~



上2F照明室から。

神楽の物語は、酒呑童子を頭に茨木童子・唐熊童子の、鉄や銅を作る集団が、大江山を根城に悪事を重ねた“鬼物語”へと仕上げられていきます。
(石井誠二さん筆・解説文より)




上激戦の末に、誇らしげな頼光(菊本靖彦さん)です。



上大江山の鬼&団員の皆さんがお見送り。
ぎゅうぎゅうで前に・・・進めん・・・。




上お疲れ様!の記念写真です。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.23377秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3299151