自慢の師匠。
ダイヤ元祖歌えるアナウンサー・田中俊雄さんダイヤ

広島・演歌界の司会で、この方の右に出る者はいない、と云われます。



上司会者としての私は、田中さんで始まっています。

むかーしむかし。

私が会社を辞めて、フリーとして走りたいと言い出した頃に。

周りで、田中さんだけが猛反対でしたが。

言うこと聞かない私が退職した後は。

何かにつけて、引っ張り出してもらい、20年弱。

一生頭の上がらない、私のお師匠さんです。



上 「うつくしい十代」熱唱中。

昭和56年「大竹ひとり」でレコードデビュー。

ザ・ベストテンのリポーターとしても広く知られています。



ひよこ司会のことで叱られたことは、あまり記憶にありませんがひよこ

一度だけ、私がお世話になった方に、不義理な態度をとってしまった時。

静かに、怒りを爆発されたことがあり、ホント怖かった。。。

技術より、人間力で仕事をしろ、ということだったんですよね・・・

・゜゜・(>_<)・゜゜・。

私が、免許もないのにラジオカーのオーディションにパスした時には。

1か月で免許を取らないと、合格取り消しかもよ、という条件に田中さんの方が焦って。

マイカーで、運転の練習に付き合ってくださったこともありました。

口には出さないけど、車内では『今日、死ぬかも汗』という空気が流れていましたにひひ



上日本列島演歌の旅・旅先案内人は、俳優・高尾六平さん。

出会った当初は「雲の上」過ぎて、緊張でお話もできませんでした。

最近では『おい、おばさんここに座れっ』と、ありがたーい言葉を頂いています。


各神楽大会でも、演目によっては、六平さんのナレーションが流れますよね~。


太陽そんなこんなで、現在では太陽

お酒が伴う会で、田中さんのアシスタントを務める時に。

師匠・田中さんが酔うと、私が総合司会に昇格する!という、暗黙の了解が得られていています。

先週の「流行歌を懐かしむ会(作詞家・石本美由紀先生、星野哲郎先生の作品を歌い継ぐ会)」では。

お客さんとの懇親に、面白~い感じに仕上がった田中さん。

「あいつがいるから、後は何とかなるだろう」と。

少しでも思ってもらえたら、弟子冥利に尽きますね・・・。

一緒にステージに立たせてもらう度に、自分の未熟さに落ち込みますが。

。。。それが、師匠を持てる幸せなのかもしれません。にこっ



上もし南一誠さんの歌を聞かなかったら、演歌を一生、素通りしてたかも!

というくらい、一誠さんの歌声が好きです。




上イヨマンテの夜。血がっ騒ぎますっ。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.387067秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3287592