すっきり!
ダイヤ高猿神楽団・河野和幸団長に質問を投げかけるとダイヤ

どんな質問も、大抵、舞いながら、答えてくださいます。

『拝みはこうじぇけぇ、こう動くと、足は自然とこうくるじゃろ?こうなるはずじゃろっ??・・こう・・こう!!』

その熱心なレクチャーを受けていると、私もいつか舞えるようになるのでは?という錯覚を起こすほどです。舞えんけどっ汗

そういえば、大ちゃん(近藤大介さん)が、まだまだ少年だったころ。

駐車場から車が出てくる間を惜しんで、武尊を舞っていたのを思い出した!

全身全霊・体と心の全てですねー。

~高猿神楽団 日本武尊~



上シンプルな構成に、武尊誕生の場面が引き立ちます。


太陽それにしても太陽

「普段の河野団長」と「和尚である河野団長」とのギャップは、すごい。

普段の河野さんは、哲学な方で。

映画や音楽をこよなく愛し。

地球カレンダー(46億年の歴史を1年に縮小)から、地球の未来と環境問題を推測し、人間学を解く。

そして、夢を語る。

五感で味わうバーボンのロックが似合う・・そんな雰囲気!

で・す・が。

和尚の河野さんの、類を見ないハチャメチャぶりは、皆さんご存知でしょう。

高猿神楽団の悪狐伝は。

『ハハッ、私の悩みなんて、ちっこいちっこい!』と、何もかも吹き飛ばしてくれるのですにかっ

~悪狐伝~



上なんでしょう、こりは?
舞台袖に、ダンボールいっぱいのグッズ。




上大ちゃん、綺麗~音符
味噌の入ったすり鉢はゴーロゴロ~。




上すり鉢と戯れる和尚。狐いますよ~。



上水鉄砲から本気で逃げる悪狐。もう、どっちが悪か分かりません。



上近藤 彩ちゃん(上総ノ介)、きりっと男前じゃ。



上めでたし、めでたし。・・・手打ち鉦、遠征中星
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
ケモノと英雄。
ダイヤ神楽を見ていなければダイヤ

巡り逢えなかったであろう、物語たちが沢山あります。

剣豪・宮本佐門之助のお話もそのひとつです。

「人身御供」やっと、落ち着いて拝見できました。


~梶矢神楽団 人身御供~

「人身御供」「女狐退治」「坂田峠」からなる、3段返しの最初の演目。

父の敵討ちの旅に出た佐門之助は、亀戸天満宮の神様より、仇討を果たすためには3つの大難がある、とお告げを受けます。

備後の国、上名来島村・下名来島村に辿り着いた佐門之助に、狒々退治と言う最初の難が待ち受けていました。



上今年、人身御供となるのは、庄屋の娘。
佐門之助は、身代わりになることを申し出ます。

宮守の才兵衛さん。亀戸天満宮の使いではないかと思うほど、素敵な役ですね。




上娘は神様への供え物と言われていましたが、その正体は狒々。
刀を奪われそうになり、狒々と格闘。見ているこちらも、力が入ります。




上あーらら、奪われちゃった。。。。
狒々は愛嬌いっぱい。悪者ですが、憎めません。
最後は、左門之助の知恵の勝利です。



~塵倫~



上位の高さの象徴と云われる烏帽子。
こちらの飾り烏帽子、本当に美しいですね。




上片足を上げて舞うのは、一説には(この塵倫については?)空を飛ぶ、という意味合いもあるのでは?というお話が・・・。
色んな感じ方・考え方がありますねにこっ

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.242535秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3287555