藤田隆幸さんと蓮。
ダイヤ1年のサイクルの中で、何度もご一緒させて頂くダイヤ

上河内神楽団の皆さん。

昨年の春、大江山の舞台後に、副団長の河野達也さんが。

『藤田隆幸さんは、わしらの星じゃけぇ』とおっしゃっていました。

ジーンときて、とても印象的でした。

そして、この早春の舞台袖では『藤田隆幸さんは、わしらの宝じゃ。』とおっしゃいました。

でもって、先日、スペシャルの団長会議で、河野さんと藤田さんが揃って出席され。

『わしゃあね・・・・藤田さんが“やーっ!”って鬼を成敗するじゃろ?あの時に“ああ~っ”ってなるんよ。』

“やー!”“あああ~っ”て心が浄化されるんよ。』

“やーっ!”で、ここ(胸をトントン)に、蓮の花がパアッと咲くんじゃけぇ。パアーッと!』

『・・・こんな人は他におらんよ。』

ハス。。。蓮とはっ。。。正に、一蓮托生。

私をはじめ、藤田さんと河野さんを囲んでいた若集は。

上河内の先輩方が、こんなに近しく話をしてくださること自体嬉しかったのに。

苦楽を肴に、酒を酌み交わすお二人はとてもかっこ良くて、思い出深い夜でした。

神楽フェスティバル

~上河内神楽団 羅生門~




上綱への殺気。じわじわと、鬼の恐ろしさが広がる場面。


太陽そして、神楽フェスティバルでは太陽

藤田隆幸さんが、小松高正(神・従者)を舞われるということで。

当然、袖では「蓮」の話題に。。。にひひ

ところで、今度お逢いした時には。

いつも穏やかな人柄の藤田さんが、“昔は相当がんぼ(やんちゃ)でのぉ”と、他の方がおっしゃっていたことや。

神・一筋、と聞いていたのに、実は25年くらい前に一度だけ、紅葉狩の鬼女を舞われたことがあること。

それが一度こっきりだった、という話を、伺ってみたいと思いま~す。

~上河内神楽団 紅葉狩~



上フラワーは、お馴染みの神楽ファンばかりではありません。
広島神楽のお土産話を持って帰って頂く機会でもありますグー




上藤田さんの、舞手として務めていく秘訣は。
1演目舞ったら、1週間は休む(舞わない)こと、だそうです
にかっ



上紅葉狩は、全部で4回の『やーっ!』。
大太鼓の河野達也さんの胸には、大輪の蓮が開いたことでしょう。


※ちなみに、極楽浄土の蓮池には青、黄、赤、白の車輪のような蓮が開くそうな。。。。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.238489秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3298307