花冷え。
ダイヤ春祭り二日目は!ダイヤ

雨(みぞれ)と風でした!

にも拘わらず、熱心なお客様にお越しいただきましたにこっ



上中川戸神楽団・能海剛団長&能海団長を目標とする、河内洋翔君(ひろと君・5歳)。
能海さんに少しでも近づくため、まずは“お揃いの黒のツナギ”を買ってもらったんだ~音符



ダイヤ天狗の里の産直市場が、末永く、皆さんにご愛顧頂けるようにダイヤ

又、今年の豊穣を祈念する神楽公演は。

大朝という地の利を活かし、石見と広島の共演でした。

数々の大会で共演され、普段から馴染みのある2団体の皆さんですが。

今日は特に!様々な場面で助け合っておられる姿がありました。

ひとつの公演に集うのも、偶然なのか?素晴らしいきっかけですね。

まさに「天の時」「地の利」「人の和」を舞台に得て。

門出の4月にぴったりな、爽快ないちにちでした!


石見神楽亀山社中  天神

「“新学期だけぇ、勉強せんにゃあいけまーがぁ”という想いを込めて、舞います。」



上勉強せんかったら、時平が枕元に立つでぇにひひ



上ちゃーんと勉強しとったら、道真が、必ず助けてくれるんでぇ。


中川戸神楽団  瀧夜叉姫

楽は、大太鼓・松田大地さん率いる若手チームです。



上滝夜叉姫を初めて吹いた、香川紗輝(さき)さん。
「ドキドキしました汗」いえいえ!最後まで落ち着いておられました。
この春、新社会人!おめでとうございます。




上追い詰められる瀧夜叉姫。哀しい場面です。
でも、結末が好きだな~。



石見神楽亀山社中   貴船

「今日は、お祝いの気持ちを込めて、貴船を精一杯舞わせて頂きます!」
リクエストが多い演目です。。。



上外は雨・・・中は貴船・・・。



上鬼。。。



上女に戻る瞬間。誰でもこんな一面を持ってる。


中川戸神楽団  紅葉狩

あの場面を、こう表現できたらすごい!という想いを、団員の皆さんが、見事、形にした紅葉狩。



上北向観音より、降魔の剣を授かる場面です。



上悪意に満ち、せせら笑っているように見えます。


田原温泉・神楽の宴は、4月28日(日)の予定です。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.231836秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3287552