軽快に。


上しまねっこの家に来た~。留守でした・・・
(島根県物産観光館)


ダイヤ松江道全線開通しましたね~ダイヤ

早速走った方、いらっしゃいますか?

でーは!城下町・松江です。

堀川めぐり

城と堀が当時のまま現存している城下町は、珍しいそうですね。

およそ4キロ、50分をかけて、ゆっくりゆっくり。

小舟に揺られながら、古木の森や水鳥、人の営みを近くに感じて。

水都・松江、400年の風情に溶け込んでいきます。



上殿町の大手町広場 発着場。この季節は、15分間隔で運航。



上四季折々の彩があるようです。雪景色も見てみたいな。



上船頭はアベさん。
 『え~、アベという名前は、今が一番、旬でございまして~にぱっ
 渋い声で、松江舟歌を披露されているところです。




上16の橋のうち、4つは橋げたが低いので、船の屋根が下がります。
皆、こたつの上にぺったんこ。




上そろそろ、城山内堀川。松江城が見えてきました。


松江歴史館

大手町広場から徒歩3分。

松江の歴史文化を紹介する施設ですが。

それよりも!

お目当ての和菓子に直行です。



上喫茶室では、創作和菓子の実演販売が行われています。鶯を作ります。



上松江和菓子研究科、伊丹二夫さん。
現代の名工にも選ばれている、有名な方だそうです。




上枯山水の日本庭園を眺めながら。
手水鉢や灯篭にも様々な謂れがあります。




上愛でる、和菓子。土筆の飴は、食べるのがもったいない!



上こちらは、「縁結び」。


武家屋敷

歴史館から徒歩5分。

お堀沿いを歩くので、堀川めぐりの船に乗っている人たちと、お互い手を振りながら進みます。

江戸時代のはじめから、松江藩の中級武士が入れ替わり住んだ屋敷。

享保18年(1733)の大火事後、再建され古いまま保存。

約275年経っているそうですが。

生活感に溢れ、細部の手入れが行き届いており、今でも十分に暮らせそうです。



上玄関。家族用とお客様用に分かれています。
座敷にまわると・・・




上『わっ!びっくりした!』
中老塩見小兵衛(しおみこへい)のもとに近習(きんじゅ)頭が支持を仰ぎに罷り出ている場面だって。




上当時の生活調度品も揃っていて、かなりリアルです。
井戸も、風呂場もすぐ使えそう。


明日は、松江、最終回。鳥たちに逢いに行こーっと音符

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.259977秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3284730