おまちかねの。


上木下秀雄さん、梶原信吾さんの同級生コンビ。
鐘馗と、疫神。酒呑童子と茨木童子。これからも、一緒に
四葉


ダイヤ弥生の神楽交流会・後半へまいりま~すダイヤ

第6幕 矢旗

昨年は、矢旗に力を入れて舞い、陰陽競演で優勝されました。

喜びの気持ちいっぱいに、地元でご披露いたします、というご紹介でした。



上矢旗だっ!と興奮する幕切。



上園田哲也さんと、渡 勇さん、副団長&同級生コンビ。


終盤は、羅生門→大江山へ続きました。

今年の、交流会のとりが大江山と決まっていたので、せっかくだから連続上演しましょう!と琴庄神楽団の崎内俊宏団長が提案されたそうです。

新舞の醍醐味がギュッと詰まった羅生門と。

“三谷の大江山”。

趣の違う神楽で一つの物語を展開します。


第7幕  琴庄神楽団 羅生門



上儚い佇まいの、白妙は・・・



上酒呑童子、茨木童子揃って、『みんなの所へいってきま~す音符
神のお二人は、しばらくお留守番です。




上会場で一時遊んだ後、『ただいま~。』


第八幕   大江山

およそ一年ぶり、待望の大江山!

配役紹介を進めながら。

『八幡大菩薩、渡哲也さん・・ん?・・』

会場の皆さんも、なんとなく『んん~?・・』

一瞬シーンとなった後。

梶原信吾さんが、控室から叫びました。

勇よぉ!い・さ・む!にかっ

私、去年も同じこと言いましたよね。矢旗の時。

どうしても、渡哲也さんに舞ってもらわないといけないらしいです。

その後、中川康弘さんに。

『西部警察かぁっ (ノ゚Д゚)ノ ))』

『石原プロかぁ~っ (ノ゚Д゚)ノ)))) 』

と、さんざん突っ込みを入れられましたが。

二度あることは、三度ある予感を感じる、今日この頃。。。。



上時は今!



上楽も、熱いですっ。戦ってますっ。



上酒呑童子、最後の時が近づきます。



上終演後、両神楽団員さんが心を交わす時間です。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.247341秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3292941