聞くと楽しい。
ダイヤ開演時のご挨拶は、副団長の園田哲也さんダイヤ

日頃からのお礼の言葉と共に。

三谷神楽団の“3つの柱”についてお話されました。

ひとつは「地元神社での秋祭り奉納」

ふたつめは「各地で開かれるイベントや祭り。筒賀を代表して、他地域との交流と、繋がりを務めること」

みっつめは「競演大会などで芸を磨き、高めること」

これらを一年一年積み重ねて、次世代へバトンタッチしていくんですね。。。

第5幕  鍾馗

鍾馗は、他の演目とは、舞も楽も、違うと伺いました。

神楽人に、鍾馗についてお話してもらうと、熱いですね。

その思い入れの深さ、憧れ、壮大なロマンなんだと思います。



上昔も今も、人々の願いは変わらないことを伝える神楽。
小さい頃は、退屈だったんですけどね・・・


ダイヤさて、三谷神楽団は四方祓を基本としていますがダイヤ

鍾馗は四方祓の進化系として、大蛇のスサと同様「えの手」と呼ばれるそうです。

「えの手」と呼ばれる由来は定かではありませんが。

“幣のへえという発音から”という説と“神楽歌の出だしに『え~~』とうたわれるからではないか”という説があります。

ちなみに、八幡、矢旗は、塵倫系なんだって。。。。

こういったお話を、会場の皆さんにもお伝えしましたが。

「これ以上は、中川康弘さんに聞いてください!」といって括りましたにひひ

でも、色々教えて頂いてから拝見すると。

その演目の面白さは何倍にもなりますねっ。



上中川さんの『え~~~』という、うたい出し!確かに聞きました。

続くよっ
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.267184秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3287628