続きまして~♪


上1年ぶりでーす音符

宮崎神楽団、滝夜叉姫

昨年は、100周年の大舞台や団長さんの交代など、目まぐるしかった宮崎の皆さん。

『今日は肩の力を抜いて、程よい緊張感で楽しんで舞おうや!』と米田国昭団長。

控室にお邪魔すると。

お化粧中の、滝夜叉姫・西川博さんが、バナナをくださいました。

エサですな・・。すごく美味しかったです。

上演後『このメンバーで、150周年やりますけぇの。そん時は司会を頼みますで。』と。

了解しました~!お互い長生きしましょうねっ。

今年も滝夜叉姫に力を注ぎ、さつき選抜に向かって整えていきます。



上本番直前『少しは緊張しんさいや~』と周りにイジられていた、西川さんにひひ



上神のお二人、品がありますね~。
楽の皆さんと息を合わせながら、丁寧に舞っておられました。




上横田神楽団より師事した滝夜叉姫。
『大切に育てて、代表演目へ』団員全員の気持ちが一致しています。



亀山神楽団 茨木(いばらき)

亀山神楽団の創作神楽。

茨木市など、茨木童子に縁のある土地の伝説、又、いくつもの古典から取材し、約5年前から保持しています。

腕を切り取られた茨木童子に、酒呑童子が叱咤激励をする場面が印象的です。

『神楽の台本には、鬼と鬼の会話というものを、あまり見ないでしょう。鬼と鬼の関係にも、ひとつの世界観があり、形にしてみたかった。』

うーん、酒吞童子の圧倒的な存在感はすごいな・・・。

又、真紫への情に絆されたように見える綱ですが。

実は真紫への疑念を払拭しきれず、葛藤しているようにも感じられます。



上酒呑童子からの杯により、妖力を増し、奮い立つ茨木童子。



上優れた武士の勘ですかね~。真紫を問い詰めていく綱。



上腕を取り戻した茨木童子。
しかし頼光の加戦を得た合戦では不利となり、大江山へと飛び去ります。


後半へ続くわよ~ん。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.260953秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3297565