何度見ても。


上ぜひ一度、生の“嵐”をご覧になってください。

ダイヤでは、第3部 新たなる神楽への挑戦 前半ですダイヤ

悪狐伝  琴庄神楽団

昨年、心がポキッと折れていた時期に。

秋のお祭りで、はっちゃん・栗栖和昭さんの“嵐”を見て、数か月ぶりに涙を流しながら笑いました。

まさか早春の舞台で“嵐”が見られるなんて。

もう、何も心残りはありません。

大舞台では、やはりチャリは、少しばかりプレッシャーを感じるそうですが。

お客さんが一日中、着席して見てくださるのも。

折り返しの演目で思い切り笑って、寛がれたことも大きいと思います。



上玉藻前・菊本靖彦さんが、花道から登場。
こういうの嬉しいっ。




上珍斉・野上正宏さんの衣装?下着?も派手でセクシーでした。
このお二人のコンビ、ワクワクします。




上場面展開のメリハリと、スピード感!


大塚神楽団  山姥

数年前、芸石で初めて大塚の皆さんの山姥を拝見して。

小田頼信団長の山姥が、ものすごく好きになりました。

江戸時代の“嫗(こもち)山姥”が原作の物語だそうですが。

頼光の深い情と、山姥の子を思う気持ち。

神楽でぜひ見てもらいたい物語ですね!

小田団長に大切に描く場面は?と伺ったところ。

『そりゃ~あそこじゃろ。あそこ。』

そうです!あそこです!



上頼光の武勇伝の中で、このお話が一番好き~。



上好きで選んだ暮らしじゃなかったもんね~しくしく幼い子を抱えてね~しくしく
・・・山姥に感情移入しまくり!




上でもって、この場面もあそこなのです。


原田神楽団  滝夜叉姫

舞台を終えてから、滝夜叉姫を舞われた垣内 和久さんに。

“鬼女の舞分け”について、ざっくり伺ったところ。

抽象的な質問に対して、真剣に考えてくださって。

最終的には・・・一つ一つの舞台で、自分に宿る鬼女たちを素直に演じる。というお話でした。

“持ち込む”というより“導かれる”という感じでしょうか。

神楽に親しみのない人から、よく「同じものを、何度も見て何が面白いの?」と聞かれることがあるけど。

「こういうことなのっ。」と答えておきましょ音符



上 『優雅を心がける時には、目線を遠くに投げてますね。』
と聴くと、次から見方が変わります・・・




上賊の舞が、一層舞台を引き締めます!



上前にも書きましたが。紅葉狩・大王は、青い炎。
滝夜叉姫は、赤い炎に包まれているように見えます。

孤独と絶望で、心から血を流しているように思うからかな・・。


3部後半へ続くよーっ
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.239671秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3287613