清々しい疲労感。
太陽旧暦初寅の日と、その前夜が初寅祭となる毘沙門さん太陽

江戸時代以降より「緑井の毘沙門さん」と親しまれてきた権現山・毘沙門天。

こんなに家の近くなのに、初寅祭の参拝は初めてでした。

毘沙門天は、仏法をお守りになる四天王の一人。

七福神として知られ、又「多聞天」ともいい、北方の守護神です。

ご本尊の御開帳は、年に一度。

しかも制限時間あり!



上住宅街にある参道から。
本堂のすぐ上に位置する、多宝塔が・・・遠ーい!



取材では何度か訪れたことがあります・・・車で。にひひ

もともと、優れた登山コースとして知られる参道は、露店がいっぱいでした。

リンゴ飴と、さつまいもスティックと、たいやきを買って。

ゆるりゆるりと自分のペースで登って、約20分で仁王門へ到着。



上鳥居をくぐって(お寺ですが)、仁王門へ。
こちらの仁王さん、お顏が怖くありません。



グーここからが、本番ですっグー

本堂はまだまだ遥か山の上。

参道の、七福神、観音像に手を合わせながら。

灯篭に沿って、階段を一歩一歩。



上えびすさん。



上寿老人=カノープス。



上山の香りがいっぱい。
お互い頑張りましょう、と声を掛け合って進みます。




上やっと本堂境内へ。えっちらおっちら、20分くらいかかりました。
が迎えてくれます。




上本堂は、断崖絶壁を背にします。
2度の火災の後、1990年に鉄筋コンクリートで再建。




上境内には、様々な地方の方言が飛び交っています。
境内は長蛇の列。警察と警備員さんの大きな声が響いています。



ダイヤ御開帳の時間を迎えてダイヤ

般若心経、御真言の後、ご本尊の扉が開かれます。

本堂に進むまで、30分かかりました・・・

力強い大太鼓に、アップテンポな読経はロックな感じだったなーにこっ



上とにかく、立ち止まってはいけないのです。
歩きながら手を合わせて拝むなんて初めてだよ汗

中央にはご本尊・毘沙門天、向かって右側には吉祥天(妃か妹とされる)
左には丹に禪尼師童子(ぜんにしどうじ・息子の一人とされる)。




上お祭りは真言宗の住職によって執り行われます。



上毘沙門さんの家来は、虎と百足です。
強い虎と。百足のように沢山の足をよく動かし、豊かな暮らしを運ぶようにとの願いです。


ダイヤ一息ついて、多宝塔へ向かいましたダイヤ

原爆犠牲者の慰霊のために建てられました。

爆心地に向かって、大日如来と四天王のご尊像が安置されています。



上参道から、遠くに見えてた多宝塔です。



上被爆地に向かって、改めて手をあわせる場所です。



上参拝者に配られる“福銭(5円玉)”。なんと希望数受け取れます。

毘沙門さんから借りたお金で商売を繁盛させて。
次の年に返しにおいで、という意味があるのだそうです。



いや~。。。今日は良い経験をしました。

でも今度は、落ち着いた日に行ってみようと思いますにぱっ
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.233488秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3293012