プロのお仕事。


ダイヤ木原世宥子(ようこ)さんダイヤ

ダンサーで構成家、トータルコーディネイター。

広島から発信する平和創作劇「I PRAY(アイプレイ)」の構成演出家でもあります。

ステージのしなやかな世宥子先生は、いつも光に包まれていて。

情熱と愛に溢れた人柄に、男女問わず「惚れてまうやろー!」と人が集まってくるのです。

世宥子先生と私は、同じ1月1日生まれ。

毎年年末に、バースディ・イヴを祝うことになっていますにかっ


ダイヤさて、そんな世宥子先生が、昨年心血を注いだのがダイヤ

神話博しまねの映像館で上演された、神話映像の振り付けと演出。

八岐大蛇がCGで大暴れし、生身の須佐が登場して戦う、新しいスタイルの舞台でした。



上映像と舞手のコラボ。練習風景から。



上練習風景から。当初、大蛇の映像は、あくまで映像本位。
人間の動きを融合させるために、映像の手直しも行われました。



ダイヤはじめに出雲でダイヤ

この大掛かりなイベントの全容を把握した世宥子先生は、「これは・・!」という言葉とともに、武者震いしたそうです。

初夏にはスサを務める3人の役者さんが選出され。

本格レッスンを1か月後に控え、体作り、体力向上のプログラムが始まりました。



上 「4人でひとつ」「4人がチーム」出雲大社に成功祈願を。
左から渡辺さん、世宥子先生、伊藤さん、山崎さん。



ダイヤ神話博開幕を2週間後に控えた7月初旬ダイヤ

本格レッスンが始まって。

世宥子先生は出雲に2週間の泊まり込み。

8頭の大蛇を倒すための、剣舞をマスターするため。

ダンサーでも舞手でもなかった、3人の役者さんが経験したのは、破壊的な筋肉痛。

朝9時から1時間半のウォーミングアップで始まり、夕方6時までみっちり。

又、画面が後ろにあるため見えない。

しかもスサの面をつけると足元の視界も限られます。

全ての動きと距離は、音、あとは感覚のみ。

鏡を使いながらの訓練で動きを身に付け、目を瞑っても舞えるように練習を重ねました。



上レッスン初日。

続いちゃうぞ~

※画像は、世宥子先生のfacebookで公開されています。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.295229秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3288009