千年を遡る。


上 「舞う喜び!」舞台前の、ワクワク感いっぱいです。
富士神楽団・楽屋にて。本番前にありがとうございました。


ダイヤ早朝から、寒い中を並んで頂きましたダイヤ

2月・月いちの舞。

神楽団関係の皆さんのお顔も、舞台からよく見えました。

子供たちも多くて、賑やかでしたね。心から、感謝ですにこっ

今月の「平氏一族」の特集は。

天慶の乱を始まりとして平家終焉までの4演目。

代表してご挨拶をお願いした、富士神楽団の山田稔団長。

『勧善懲悪の神楽の物語として、うちは将門を悪として舞うのですが。将門はきっといい人だったと思うんですよ。』と、もどかしさに触れられました。

何を伝えるか。どちら側から語るのか。

それぞれの違いも、味わいを深めてくれますね~。

平貞盛~天慶新天記~ 富士神楽団

貞盛と将門はいとこにあたります。

貞盛の父・国香(将門には伯父にあたる)に、領地を奪われた将門が、戦争を仕掛け国香を滅ぼし。

その後、天慶の乱で、貞盛は将門を国の反乱者として討ちますが、父の敵討ちでもありました。



上初めは、国香を討ち破る場面から。
ここでは将門は、深い恨みを抱く“悪”としか見えません。




上口上も分かり易く、シンプルに展開します。
いよいよ、貞盛と将門の決戦の場面(天慶の乱)です。




上将門は弟の将頼・将平に、生き延びて、いつか自分の代わりに想いを遂げてほしいと告げて、終わりを迎えます。


平将門~滝夜叉姫~ 東山神楽団

万民和平の国づくりを目指した平将門。

その遺徳を讃え、将門びいきの民衆から、歌舞伎として誕生した物語。



上去年から、滝夜叉を演じる「隅中 康昇」さん。

滝夜叉を継ぐと決まった時は、嬉しかったそうです。

滝夜叉の気持ちを自分なりに解釈して、場面毎の口上にのせていくことを大切に舞っています。

隅中さん、初めてお話しました。

瞳が、透き通るように綺麗な方ですね。。。



上神楽団によっては、光圀と藤原秀郷、平貞盛が神方として登場しますね。
東山神楽団は、光圀&山城光成です。




上いや~パワフル。
楽の皆さんも舞ってるみたい。気持ち良さそうです。




上父の無念を胸に、力の限り戦って散る。

続くっ
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.240659秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3297724