ひとしお。
雪新品のスノータイヤで向かった、今年結びの月いちの舞雪

初めて特集を組んだ「神楽・ふるさとの物語」でした。

現在NPOが把握している石見系の演目は、近年創作された演目など合わせると70を超えるとお話しています。
(また調査があると思いますので、ご協力よろしくお願いします)

古来からの演目が、現代で人の心を振るわせるように。

ふるさとを舞う物語が、地域と人を湧かせ、愛着を深めながら。

10年先、100年先まで舞い継がれることを願っての開催です。にこっ


第一幕 玖島神楽団(廿日市)~虎菊姫~

廿日市に残る「小田家文書」から取材。

“後家とその娘・虎菊姫”と、先妻の子“右馬次郎”との土地争い。人の欲が引き起こす事件。

およそ20年前、玖島小学校の校長先生が、児童の発表の場のために書き下ろされました。

当時小学生だったメンバーが、玖島神楽団に入団し、主力となってこの物語を育て続けています。

小学校で知った神楽の楽しさが原点かもしれませんね。



上土地を取り上げられた虎菊姫は、長子右馬次郎の館に火を放ち、戦いを挑みます。



上右馬次郎への恨みに、鬼と化す虎菊姫ですが。



上力及ばず降伏。後家が虎菊姫の命乞いをする場面。
右馬次郎は『この地に残り田畑を共に守ろう』と情けをかけますが、二人は都へと旅立ちます。



第二幕 上石神楽団(旧豊平町)~吉川元春~

旧豊平町は、毛利元就の二男・吉川元春の隠居館など数多くの史跡が保存され、元春・縁の地として知られています。

没後400年を記念して作られた、元春の武勇伝。

前半は、元春が吉川家の養子となる前、兄弟と共に元就から授かった三矢の訓の場面。

後半は、日本三大奇襲戦のひとつ、厳島合戦での活躍と、厳島を聖地として守ったことを伝えます。



上毛利元就は3人の男子を、中国地方一帯を支配する戦国大名へと成長させます。



上厳島合戦で敗れた陶晴賢軍は、厳島神社周辺に火を放ちます。



上日頃より信心する厳島神社を、兵火から守るため消火に務め、流血にさらされた神社の回廊・社殿を塩水で清めたといいます。

続くんだよ~。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.24048秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289276