言葉にする難しさ。
星この度、有田神楽団の紅葉狩を拝見しながら星

このお囃子があって、この舞なんだなー。。。

この舞があって、この囃子なんだなー。。。

と、波が打ち寄せたり引いたりするように、ゆらゆらと浸っておりました。

特に、隅井哲雄さんの笛が印象的で。

しかし、その心地良さを言葉にするのは難しい。。。

上演後、ご本人にお逢いすることが叶って。

『何ていうか・・・ここでしか聴いたことないと言うか。舞手に添える笛というか・・。』

抽象的な想いをぶつけてみたところ。

『笛は調和よ。これが全て。30年吹いてきて、やっとこの感覚が自分のものになったような気がする。』

と笑顔で切り出されました。

『昔はね~、自分の笛を聞いてほしい!思いながら吹いとったけどね。』

『笛を通して、他の楽人とひとつになって。楽を通して、舞人とひとつになる。

舞台がひとつになったら、お客さんともひとつになれるんよ。

それではじめて、皆が一緒に楽しむことが出来るんじゃない?』

「奏でる」という言葉が膨らんで、ぐ~んと広がった夜ですにこっ


~有田神楽団・紅葉狩~

この演目を初めて拝見した時の衝撃!

私の中では、それまで見たことない「新しい神楽に」ドキドキしました。

今日まで舞い継がれていることに唯、感動しました。



上平維茂の、謡の場面。
維茂を演じる立盛翔太さんは、能・紅葉狩の台本や鑑賞から研鑽を積まれたようです。



~東山神楽団 伊服岐山~

ご周知の通り、東山の代表演目のひとつですグー

今年は東山神楽団の皆さんと、よくご一緒させて頂きました。

来年は早春からかな?

東山のみなさんの、思い入れの深い「土蜘蛛」ですね。

よろしくお願いします!



上相当なスピードをもって舞い、テンポよく、観客を終始巻き込む。
神のお二人の立ち姿も美しい。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.244835秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3299099