繋ぐ。
ダイヤ原田神楽団の恵比寿講ではダイヤ

帳場で、抽選番号の入った、かっぱえびせん(小)が配られます。

良いアイデアです~音符

丁度、副団長の今田和哉さんがいらっしゃったので、『当たりのかっぱえびせんください!』と言いましたら。

『よしっ!これが当たるよっ』と、75番のかっぱえびせんを渡してくださって。

本当に当たるような気がして、ワクワクでしたが。

・・・カスリもしませんでしたにひひ

ちなみに去年もカスリもしませんでしたにひひ



上副団・今田和哉さん。
彩ちゃんと私が、声援を送りすぎてすみませんでしたーっ!
次回もまた・・・いっぱい手を振りますっグー



ダイヤさて!そんな今年の恵比寿講で注目されたのはダイヤ

今年復活した「胴の口」でしょう。

古い神楽を大事にしていこう、という信念から、およそ30年ぶりに復活。

歌本が現存し、塚本近さんや、加古山和幸さんらが中心となって、当時を思いだし思いだし・・・整えられたそうです。



厳粛な始まりから、前・中・後と急調子への展開で、徐々に華やぎを増し。

後の段で奏者が一人ずつ、中央でひと舞される場面は、気持ちがハイになってきます。

上位置・胴の清水成美さんは厳かに舞われ。

手拍子の市尻篤識さんは、にこにこと舞う。

奏者の持ち味も魅力的です!




~大江山~



上会場を呑む!圧巻。



上こんな盛大な大江山なのに。次は紅葉狩だって。パワーあるな~。


~紅葉狩~



上垣内和久さん。鬼女大王では、青い炎。
滝夜叉姫では、赤い炎をまとっているように見えます。



ダイヤところで、この日ダイヤ

原田神楽団を幼少のころより師として育った二組。

マニアックな解説付きの神楽鑑賞に「へぇボタン」(古っ)を押しまくりでした。

特に高猿神楽団・近藤彩ちゃんは、小学生のころから今田和哉さんが憧れの神楽人。

小学生の時に、緊張しながらお願いして書いてもらったサインは、今も大切。

今田さんが舞台に登場する度に、全身で応援を贈る姿が可愛くてlove

きっとあんまり、当時と変わってないよね。



上結婚5周年!高猿神楽団・近藤大介・彩ご夫妻。
次の日、七五三だった大斗(ひろと)くん。おめでとう!!




上吉田神楽団 松川真士さん。
次女・叶音(かおん)ちゃんの誕生おめでとう。あの!しんちゃんが、こんな頼もしいお父さんに~しくしく

新春神楽ではよろしくお願いします m(__)m

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.233843秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289698