車の窓凍る。
太陽大朝の競演大会は今年49回めでした太陽

第一回は昭和25年とあります。

地元の皆さんは、懐かしい思い出が溢れるまつりでしょう。

故郷にこれだけ神楽団があれば、家族や親せき友人など、神楽と無関係には暮らせませんよねにこっ

見守ってきた地元のお母さんは。

『昔はね、神楽のOBがあそこ(審査席)にずらっ~と10人くらい並んでね~。そっりゃあ好きなことを言うとったんじゃけ~。アッハッハッにかっ

今年こそは、来年こそは、と大会を心待ちにするのは団員さんだけではありませんね。

競演という文化がもたらした沢山の灯。

・・・を感じた深秋の大朝。とにかく!寒かった~汗

~宮迫神楽団 胴の口~

奏者の歌声と太鼓の響きが溶け合い、四季を流れる一筋の清流の様でした。美しい、印象的な幕開けでした~。



~八栄神楽団・鐘馗~

「鐘馗を舞わせてもらえる喜び」と紹介されたように、気迫に満ちた鐘馗。
病に打ち勝とうする人の強さ、希望のようです。



~枝之宮神楽団・日本武尊~

弟橘姫の、可憐な所作。
舞台展開が多く、それぞれに、心一つに準備を進めてこられたことが分かります。



~浅間神楽団・塵倫~

中鬼・塵倫の息の合った大きな動きは“天空を覆い隠す、恐ろしい何か”というイメージそのものでした。



~富士神楽団・紅葉狩~

開会式の「今年こそは初優勝を狙います」山田稔団長の力強い宣言は、お客さんを熱く引っ張ったと思います。優勝おめでとうございます。
写真は初めの場面。獲物を待ち受ける鬼女たちです。



~郷之崎神楽団・鍾馗~

団員さんの気持ちが、前に前に出る躍動的な鍾馗は、清々しい。
門出佳大さんの鍾馗大神を応援できて良かったです!



続く~
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.237859秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3296537