天使とは。


上祭りの夜。とりあえず、りんご飴をゲット。

ダイヤ先日、近所の神社の奉納に来られたのはダイヤ

桑田天使神楽団の皆さん。

数年前に、ホームグランドとなる美土里町の桑田の庄で、とても和やかな雰囲気の神楽を拝見しました。

前から、団名の“天使”の由来を知りたかったので、準備中の上田正春団長を訪ねたところ。

古く歴史を持つ神楽団で、はっきりしないものの、やはり“神(天)に仕える”という使命や思いなのではないか、とお聞きして納得。



上神迎え。舞手の御幣は舞殿の四方へ奉られます。

素朴で、厳かな神迎えを始まりとし、人柄が滲み出るような5演目。

境内は、どこからこんなに人がぎょというほどギュウギュウで、最後まで帰る方はほとんどありませんでした。

時間制限のある街中で。

盛り上がりすぎて、途中駆け足風になったりしながらのお努めにひひ

今度は、演目それぞれのこだわり等、伺ってみたいですね。



上団長・上田正春さんの挨拶。
地元の皆さんは、顏が見える挨拶で親近感が湧くみたいです。



~悪狐伝から~



上皆さん、こんばんみー!!



上『飲んでもええんっ?いただきまーすっ』
客席からの差し入れを、これだけ気持ち良く飲まれると清々しい。




上『この数珠、手づくりなんよ。トロピカルでええじゃろ音符



上『そういやー、自分も持って来とったわ。』・・・豪快です。
ちなみに上田団長です。




上しっとり。艶やか。
和尚さんとのトークはよく笑われていました。可笑しかったですねにかっ




上場面展開が多く、見ごたえのある構成になっています。



上狐の面、おニューだって。和尚がうっかり叩いたら、割れちゃったって汗
この後、狐は境内の人混みの中で暴れました。


まだまだ始まったばかり。続く~。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前  2020年07月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.248182秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3690770