体感。


上清めの舞は、9県を代表して宮乃木神楽団の皆さんに務めていただきました。神降し。舞手は田村和也さん。

太陽10時開演、19時終演でした星

中四国神楽フェスティバルin広島。

時間が経つのが、ものすごく早かったです。

中四国9県の、12団体の方々とお話をさせて頂いて。

どの団体の皆さんも熱心で、背筋が伸び、優しい方々でした。

解釈や表現の違いは、お互いの活力へと昇華して。

何より、直接触れると親近感が湧きますね四葉四葉


~香川県高松市 佐料編笠(さりょうあみがさ)神楽保存会 
 「カラスの舞」~


戦前からの伝統を昭和51年に復活。

地域の澳津神社(荒神さん)に奉納され、農耕用の編笠を烏帽子に見立て、地区内の若者が舞います。



上神棚を念入りに整えます。
秋祭りでは、鯛・タイモ(芋)・洗米が供えられます。




上御幣と“鈴”と呼ばれるカラフルな採物です。



上八咫烏の道案内に由来する演目です。
囃子に合わせてカラスのように飛ぶ表現がユニークです。



~広島県広島市 宮乃木神楽団 「大江山」~

広く、中四国からのお客さんを意識した紹介になりました。

“各神楽団で個性的な酒呑童子が出てくるのが特徴です。
宮乃木神楽団にはどんな酒呑童子が登場するでしょうか?!”



上姫の美しさと個性も、この地域の神楽の自慢ですね。



上本当にお酒が好きな方が演じると、滲み出るものがあるようなにひひ
・・・酒呑童子は、飲むと愉快なあの方です。



~高知県梼原町 津野山神楽保存会 「山探し」~

四国カルスト高原に抱かれた山間の町で、1100年もの間舞い継がれてきました。

紛失した宝剣を捜し歩く、という舞ですが、鉱山で鉱脈を見つけ出し、歓喜を表すとも伝えられます。



上金山彦の使いの神。
般若の面の一種で、最も表情に富んでいるといいます。


ここで20分間、休憩がはいるよ~パー

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.265426秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289181