本命。
太陽上陸したイワグチは広くて太陽

少々つまずいても海に落ちることはなさそうで安心。

お二人は朝ごはんそっちのけで戦闘態勢に入ります。



上海は広くて、地球は丸いなー。

小川徹さんは、フカセ釣りで「クロ(グレ)高島サイズ40センチ超え」を狙います。

撒き餌に、スズメダイの群れやフカなどが集まり、まるで竜宮の王の如く。

あっという間に、足の裏サイズ(25、6センチ)を数枚釣り上げて。

みんなのお土産を確保してくれました。

が、その後は手のひらサイズ連発で、徐々に無口に・・・


花一方、大倉幸人・斉藤チームは花

イサキなど、大物狙いのかご仕掛け釣り。

小アジなどを釣る仕掛けとはえらい違いで、とにかく重たいです。

始め、竿を2本準備してくださった大倉さんですが。

2本分のエサを詰めて!投げて!ウキを見張る!のは大変で。

『あーもうっくそ忙しいっっ』と言って、早々と1本店じまい。



上 『オキアミくらさーい。』

すると来たのです!大きな当たりが!

ガクンと重たく、体ごと海に持ってかれそうな勢いです。

『うわっぎょ きゃーっ~~ぎょぎょ 大倉さんっ!はいっ汗

『釣らにゃあ!自分で釣らにゃあっ!』

『無理!無理無理無理っ』竿は大倉さんへ。

で、こちら下



上私がひっかけて、大倉さんが釣って、小川さんがタモで取り込む~音符



上ひっらっまっさlove
 この後も大きなイサキが釣れてノルマ達成。




12時きっかりのお迎え船からは、トビウオが流れるように左右に飛び立つ様子が幻想的でした。

・・・しかしよく考えると。

5000円もの渡船料を払って、オマケ司会者の面倒を終始見なければならなかった大倉さんには申し訳ないことをしました。

そんなこんなで!今田さん参加の第2回はいつごろになるでしょうかにひひ



上何から何まで。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.238579秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289729