ユーモア=活力。


上開演前の舞台袖で“集中”。大森神楽団の皆さん。

星7月・月いちの舞は『チャリの技』でした!星

チャリ舞連続4演目。

3年連続で、3回目を迎える人気の特集です。

『チャリは道化と言われ、演じる物語などを分かりやすく、面白く紹介したり、時の流行り・話題などを取り入れて“話芸”として、伝統的に神楽の中で生きてきた』(石井誠二さん筆)

民衆と神楽を一層近づけたのは、『笑い』の要素だったかもしれませんね。

~大森神楽団・悪狐伝~

珍斉の「加藤 塁(るい)」さんと、松葉の「山手 宏隆」さんは最強同級生コンビ。

ちなみに寺の裏に住んでいる“松葉さん”という役は、完全オリジナルで。

去年は“松下さん”だったそうな。力が抜けているところが良い~~にかっ



上山代良忠さん、捕まる。→掃く。



上この寝転がる位置が、また絶妙で。



上後半からのメリハリ。
ひとつの演目に色んな表情が見られるのも魅力です。



~大都神楽団・頼政~

今回のタイトル「チャリの技」を忠実に形にした頼政。

開発センターという舞台を活かした仕掛けも、普段からの好奇心・引き出しの多さ故でしょう!



上舞台人が楽しいとお客さんも楽しい。
源三位頼政は三原 雄太さん。




上頼政から猪早太へ、手作りの“鎧”をプレゼント。
ガムテープで、どこでも簡単装着可能。




上終始役どころに徹しながら、鵺を退治。

ひよこところでこの日ひよこ

猪早太を演じた惠木勇也さんの愛息子「相丞くん(そうすけくん・2歳半)」が舞台初登場。

袖でも舞台でも、大猿や鵺を怖がることなく、のびのびと子猿を演じました。

石見の子は逞しいよ~四葉四葉



上相撲も強いんだぞーっ



上役目を終えて、脱ぎ脱ぎ。
・・・アンパンマンが力を貸してくれていたようです
音符


後半2演目は、続くっ
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.292433秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3287951