土佐の神楽。


上今夜はスーパームーン。大きさ14%、明るさ30%アップ。
明日は今年で一番大きな満月です。


ダイヤ昨日の神楽フェスティバルで拝見したダイヤ

津野山神楽保存会(高知県高岡郡梼原町)の皆さん。

陸海5時間かけて来てくださいました。

愛媛県との県境。

坂本竜馬脱藩の道として知られる、四国カルスト高原に抱かれた山間の町で、1100年もの間舞い継がれてきました。

代々特定の神職によって継がれましたが、やはり戦後の混乱・後継者不足により、村内広く講習伝承となったようです。

津野山神楽は18節からなり『宮入り(みやいり・舞はじめ)』から始まり、『幣舞』『田草』『天の岩戸』と続きます。

囃子・衣装・面の印象から広島一二神祇舞と印象が重なりました。

保存会に入ると、舞手は基本的な舞から習い始めます。

大方の舞を習得し、経験年数5年を経過すると、総代役員会等で審査があり、そこで認められると「舞太夫」の免許が頂けるということです。

~第8節、二天(にてん)~

神剣・天の村雲の剣(草薙の剣)の由来を神歌を唱えながら舞います。



上幕前の方が神歌を唱える役です。

~第9節、山探し~

金山彦のお使いの神が、紛失した宝剣を見つけ出し、歓喜するところで舞い終わります。この般若の面は、津野山神楽に使用する面のうちで、あらゆる表情に富んでいて、右にでる面はないと言われます。



上ないっ!宝剣がないよーっ汗



上ぅわーいっ あったっあったっ音符・・・という感じでしょうか。

~第11節、鬼神退治~

国譲りに由来し、建御名方神(たけみなかたのかみ)と建御雷神(たけみかづちのかみ)の神話を劇的に仕組んだものです。
建御名方神を鬼神として描き、その終わりに、鬼神の首はとられます。



上容赦ないです。ちょっと複雑な気持ち。

~第14節、折敷(おりしき)~

余興舞の一種。平盆を1枚、2枚と手のひらに乗せ、前転、後転する曲芸的な舞です。盆が手に張り付いているみたいです。



上始めは1枚。途中から2枚。



上落ちそうで落ちないあうっスピード感もあってすごいっ。

~第16節、豊穣舞~

お稲荷さんと大国様の舞。お互いの自慢話をしながら稲と宝を交換するユーモラスな舞です。



上大黒様は、打出の小槌を振りながら、五穀豊穣などの徳を授けます。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.300154秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3297796