目的はひとつ。
花おまたせー。合同大蛇です花

宮崎神楽団の皆さんの念願が叶いました。

横田・上河内・宮崎!3社合同八岐大蛇。

今年に入って寒い夜に練習を重ねました。

では練習風景からにこっ



上横田の地に集合しました。



上親分たち。



上食べちゃうぞ~。


○3社合同記念、八岐大蛇



上楽と須佐は宮崎神楽団。大蛇は3社混ぜ混ぜ。



上姉姫の場面はドロドロ、じっくり、丁寧に舞われました。



上長身を活かして笑わせる手名椎は、副団長、米田国昭さん。



上大蛇が決める度に『うわ~』と感動。
 大蛇が怖くて泣き叫ぶ子供。新鮮な会場でした。




上100周年のクライマックス。
神楽団と地域の発展を祈って、見事大蛇を成敗。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
続きまして~。


上間もなく最終演目。みんな、お疲れ様!
橋本団長が、団員ひとりひとり握手で労います。


月記念式典の打ち合わせで確認月

橋本団長のお名前は“かずと(一登)”さんとお読みして、よろしいですか?

すると、すかさず団員さんが

『あっ!“いちのぼり”です。“きょうぽんいちのぼり”と紹介してください!』と叫んだ。

失礼ながらツボにはまって、今でも思い出し笑いっ太陽

団長、すみません。

もちろん式典ではきちんとご紹介しましたよ~にかっ


○宮崎神楽団・滝夜叉姫

紅葉狩に続いて横田神楽団から指導していただきました。
宮崎神楽団の代表演目として育てるため一番力を入れている演目です。



上舞台袖のにこやかな印象とは全く違う。
 滝夜叉姫は西川 博さん。




上公演依頼でも滝夜叉の依頼は多い。
 代表演目として育てるため、頑張っています。


○横田神楽団・吾妻山

もともとの台本を通して舞うと、1時間越えの大作だそうです。
時代の流れに、現在の流れにまとめられて10年です。



上もちろん横田神楽団のみが保持しています。



上吾妻山は1月の東京公演でも好評を博し、大役を終えられました。


○上河内神楽団・大江山

秋の奉納ではとりの大江山。
衣装も人手も総出で、表も裏も賑やか。氏子の皆さんが待っている演目です。



上碓井貞光を舞ったのは藤田隆幸さん。
『藤田さんはわしら~の星じゃけぇのグー』と団員さんたちがお話してくださいました。




上そりゃあ、お酒に目がないに決まっているにひひ上河内だもんっにひひ


次は合同大蛇だよっ音符続く。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.265124秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3287619