斉藤裕子でごじゃるよ~::2012年03月19日

小学校全過程終了。


上6年間がんばってくれたランドセル&
 この日のためにかなり苦戦した手作りのコサージュ。


花晴れの日花

クリーニング済のピカピカな制服と、汚れて穴だらけの愛着のある上靴。

第40回卒業式。

卒業生145人は、うれし涙いっぱいでした。

私がずっと、誰かのおじいちゃんだと思っていたのは、実は校長先生ぎょ

穏やかな、よく通る声の贈る言葉。

『夢に大小はありません。人と比較する必要もありません。
夢を叶えるのは底力です。
その底力を養うのは楽しい事・苦しい事を含む、全ての経験です。』

『皆さんと一緒に卒業できて幸せです。ありがとう。』

校長先生もこの春定年。挨拶の途中、涙に変わりました。


娘は6年間通して、素敵な先生に恵まれました。

特に最後の担任の先生は、

『“良い子”だけではダメなんです。気が利く・賢い、社会から必要とされる応用力を養っていきます。』

数年先を見据えての教育方針に、深く共感しました。

それにしてもよく叱られました。

でも、よく褒めてもらいました。

ついでに私もよく叱られたし、一緒に泣いてもらった。


「沢山の人=視点で拘わってもらい、育ててもらうことが大切」だと、やっと実感しつつある。

濃い6年だったと思います。

本当に!お世話になりましたにこっ
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前  2018年08月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.196987秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

2617831