ひとつ叶いました。
四葉出雲の締めくくりは稲佐の浜です四葉

やった~。ついに来た~ (`・ω´・ )ノ

島根半島成り立ちの国引き神話の舞台。

そして大国主大神と、建御雷神で国譲りの交渉が行われた場所ですね!

今の季節は、だーれも居なくて静か。ウミネコの声だけ。

神話の世界と現実世界を結ぶ憧れの地です。



上弁天島。現在は豊玉毘古命(トヨタマヒコノミコト・海の神)が祀られています。


以前より、深野神楽保存会の国譲りがとても好きで、きっかけに国譲り神話をよく読みましたが。

ここに登場する神々は暮らしぶりや個性が豊かで、絵本をめくるようにイメージしやすいなあと思います。

「建御雷神(タケミカヅチ)は、逆さにたてた十掬の剣の切先にあぐらをかいて」・・穏やかではありませんがユニーク。

大事の際に、美保ヶ崎で釣りをしていたという事代主神(コトシロヌシ)。

兄弟でも性格が違う建御名方神(タケミナカタ)。

二人の息子に回答を委ねた大国主大神。

よくある話。失礼ながら、なんだか人間くさいような。

ふと、物語の世界と、歴史を結びつけてしまう。

生々しくてちょっと重たいかな。



上波もほとんどない、静かな時間。


又、旧暦10月10日・出雲神有月にお集まりになる八百万の神々を、最初にお迎えするのがこの浜です。※今年は11月23日(金・祝)

龍蛇神の先導で稲佐の浜にお着きになった神々は、出雲大社に向かわれ、1週間の会議に入られます。

地元と一体になって粛々と続く神事を、見てみたいなと思います。

ひとつ触れると、次に見たいものがどんどん増えますねにひひ

いや~、出雲は日帰りでも色々見られたっ

また近々行こーっと音符  

てなことで、ついに、「完」 にかっ 

鷹の爪の吉田君が、神話の紹介をしています。
シンプルで分かりやすいですよー下

http://www.shimane-hajimaru.jp/movie/2011/10/3.html
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.254393秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3287939