春の顔いろいろ。
太陽お昼に立ち寄った梅林公園で太陽

蕾のアーチを進むと、東屋の横に一本だけ、一輪だけ開いた白梅。

心に大きな一輪です。



上今年も無事に咲いたね。



上梅林の向こうから可愛いこがかけてきます。
 (ヨークシャー2歳。元気いっぱい)



チューリップさて市場では、春のカラフルな花たちに囲まれてチューリップ

ちょっと変わった切り枝を見つけました。

地味~なルックスで、隅のバケツに無造作に投げ込まれている。

値札には「ハゲシバリ」(180円)

ブッ。変な名前。

隣のねこやなぎは飛ぶように売れてるのに。

せっかくなので家に連れて帰ることにしました。



上 「禿縛(はげしばり)」と書く、この枝の正体は

和名「姫夜叉五倍子(ひめやしゃぶし)」。

実がゴツゴツで夜叉を思わせることから命名。

乾燥地でも丈夫に育ち、土砂崩れを防ぐために植えられることから“はげ山を縛る”という意味で「禿縛」という別名を持つ。

人間のために働く木なのです。

そこら辺の山や斜面に見られるポピュラーな木なんだね。

大きな花器にボサッと入れて玄関へ置くと・・・くさいっがーん

しかもこの花粉は花粉症の原因となるらしい汗

いっいやーーーっ しくしく

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.236422秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3296544