天の通り道。


上月齢17。立待月。

真冬の月は高くて。

夜が蒼い。

孤高な輝きは寒さが増すようでもあり、

安堵のようなものでもあります。


『月天心(つきてんしん)』という美しい言葉があって。

(一青窈さんの歌にもありますね)

天心とは、天の真ん中。

天の中心にある、冬の満月を表すものですが、

“天の心”という意味も持つそうです。


天の心って何だろう、と考える時間もまた静か。

冬という季節も、月の神の支配下にあるようです。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前  2020年07月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.249479秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3691734