1月3日のこと。
ダイヤ新春神楽も二日目ダイヤ

とにかく「神楽・初笑い」の賑やかな一日。

『古来より五穀豊穣・無病息災・国家安泰と願って舞われてきた神楽。平和な暮らしへの祈りが、頼光と四天王の活躍を一層輝かせるのです。』
まずは土蜘蛛で幕開けです。

星中川戸神楽団の皆さん星

『団員はたぶん、家族より一緒に過ごす時間が長いと思います・・・
神楽が好きでやれんもんが集まって、神楽を一生懸命練習しています。
今年もその気持ちを舞台で形にしていきたいと思いますので、よろしくお願いします!』
能海剛 団長のお話。



上「土蜘蛛」より。能海さんのファンの方が客席に見えました。
 お正月から、姿が見えて良かったですね太陽



上楽に入った半田一生(かずま)さんは、20歳で成人式。
 藤井貴史さんと、前長智哉さんは、大学に受かったそうです。
 お客さんからも盛大なお祝いの拍手。


星大塚神楽団の皆さん星

『昨日は除雪。今日は長靴できました!ビールは凍らないように冷蔵庫に入れてます。団員が皆元気で、いつものように神楽を舞うことが一番です。』
小田頼信 団長のお話です。



上「倭建命」
 気持ち良く飲むね~音符



上「道成寺」
 『つまみはないんか~。』



上舟が・・真っ二つのイリュージョン汗誰だ~、いたずらするのは~にひひ
 ※写真はNPO門出佳大さん。



上竹田淳一さんのミカンは“当たり”だった、ということです。


星上河内神楽団の皆さん星

中村潔文団長のお話では、お正月の公演は、いつが最後だったか分からないほど久しぶりだったそうです。

『団員がいつものように集い、ひとつひとつの公演を無事に重ねていくのは、当たり前のように見えますが。
様々な職業・立場が集う神楽団では難しい時もある。とにかく団員が元気で集えることが大切です。』



上「悪狐伝・中編」
 中村慎吾さん、キラッキラ輝いてます~音符


 
上新春神楽のとりをとった「紅葉狩」。
 上河内の先輩たちの得意演目だったので、格別に気持ちが入ります
 とお話して頂きました。


うさぎところでその上演中うさぎ

控室にて、留守を守る子供たちの集団を見つけました。

一番目をひいたのは、小さい子供たちがはしゃぐのをなだめて、落ち着かせる女の子。

ちゃんと自分の役割を知っていて、健気。これも舞台の延長ですね。

上演後話を伺うと、戸田邦昭さんの子供さんたちで。

頑張ってお世話を焼いていたのは長女の伊吹ちゃん。

『家と違うな~!』と子供さんの顔を見ながら、
『神楽団の中で自分も面倒を見てもらって、自然に身に付いているのかもしれません』とおっしゃっていました。

お父さん、大きい鬼なんだよって嬉しそうに話してくれましたよ~。



上戸田家自慢の子供たち。
 隼人くん(小1)・伊吹ちゃん(小3)・協太(かなた)くん(年中さん)
 上河内の子供神楽部で活躍中です。



上伊吹ちゃんが『カメラ貸して!』と撮ったのは“お父さん”四葉
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.266087秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3296612