ご縁からご縁。
ダイヤ盛大な餅つき大会でしたダイヤ

以前、琴庄神楽団で着付けをされていた迫さんご夫妻に招いて頂き、雪の甲田町へ走りました。

築120年の古民家。

甲田に通いながら農業をされていたお二人が、諸々考えて得られた別宅で、自分たちで時間をかけて、随分手直しをされたそうです。



上薪ストーブのやわらかい香り。外は雪。



上もんぺにはき替えて、とチョキ

およそ60戸のお宅に届けられる餅。この日は、なんと17臼!!

にんじん、かぼちゃ、ユズ、枝豆をはじめ、高菜、かつおぶし、昆布茶など30種類にものぼります。

餡入りのミカン餅、美味しかった~。



上“ひじき入り”がつきあがりました。



上みかん、投入~。



上どのお宅に、どんなお餅が届くかはお楽しみです。

迫さんの娘さんご夫婦。ご主人は横田神楽団の毛利幹夫さん。

毛利さんは甘党です。

ストーブにかけられた鍋の、ぜんざいを嬉しそうに、た~~~っぷり、お椀によそいますにこっ

羨ましいので、私もどんぶりによそいました。

大きすぎ!と言われましたが、毛利さんは何度もお代わりしてたでしょ~。

おまけに最後は鍋ごと持って行ってたでしょ~にひひ

鼻の奥が痛いような寒さの中、雪景色のぜんざいは、ご馳走でしたね。



上お餅を焼いてぜんざいに入れよっと音符
 私が丸めたお餅ですよ~。




上 「なな・16歳」。
 人間はいいな・・・なんかちょうだい。


さて!おなかもいっぱいになったし、もち米をどんどん蒸しますか!

横田こども神楽団の代表も務めておられる毛利さん。

こうした落ち着いた時間に、子供たちが来年頑張る演目選定や、配役の調整に頭をひねります。

『誰がええかのぉ~誰が舞えるかの~・・・・』



上お父さんの独り言に、神楽を初めて8年になる二男の優介くん(中2)も、自分の考えをしっかり伝えます。

『一切を神楽団にまかせてもらう方針なんですよ。』

子供たちは年明けの発表を、きっと心待ちにしていますねっにかっ



上 「餅つき監督」と呼ばれる長男の洸介くん(手前)
 高校生になって神楽はお休み中。
 今しかできない、色んなことに挑戦してねっ!

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.260566秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3298374