冬司る神。


上ぎっちりつめつめ。

雪今年の神楽納めは雪

雪の様子を見て、朝、決心してから2時間の道のり。

益田市美都町で開かれる玄武の舞です。

毎年、パンフやポスターのかっこよさでも話題になりますね。

協力者のもとに益田市の≪石見神楽 久木(ひさぎ)社中≫が主体となり、今年で7回目。すっかり年末の定番となりました。

照明が効いた美しい舞台。

スタッフの皆さんもとても親切で居心地良かったです。

今回は一番後ろ。ユッキーさんの隣で撮影の邪魔をしつつ寛ぎました。

益田の神楽は普段ほとんど見ることがないので、ものすごく新鮮でしたよ音符

石見神楽 久木社中(益田市)

結成から間もなく8年目を迎える、8調子系のイキのよい社中です。
“伝統と個性”の益田の社中の中にあって、温故知新・久木スタイルの確立を目指します。

≪かっ鼓・切り目≫より



上よろしき場所はどこかいな。



上太鼓を打ち鳴らして天下泰平・国家安泰を祈ります。

≪大蛇≫



上石見の大蛇で締めくくれました。

大都神楽団

もともと玄武の舞の立ち上げに尽力されていました。
愛着のある舞台で、観客を巻き込んで。

≪国譲り≫



上 天つ神VS国つ神。



上これだけは・・・落としちゃいかーん。

≪土蜘≫



上よぉ舞いんさったねー

石見神楽保存会 久城神楽社中(益田市)

益田系八調子に独自の変化が加わって、全てにオリジナル性が高く、コアなファンが多いと伺いました。

≪大江山≫



上物語の始まり。頼光・綱・金時。

この塵取り面は、違う演目でも使用されます。(この日は天神でも使用)
面は同じでも、舞そのもので役柄の違いを演じます。




上山伏に姿を変えると同時に、頼光・綱の面も変わります。



上『酒呑童子がその姿、色白く赤髪・伸び乱れ、昼の間は人なれど、
 夜になればおそろしき、身の丈、一丈あまりなり』


それにしても渦巻き型の面。インパクト大です!

大都神楽団の惠木勇也さんに伺うと・・・

浜田市三隅町から益田市にかけて見られる独特な面で、使用される代表的な演目は五神だそうです。
「塵取り面」「寸取り面」または「大癋見(おおべしみ)」などと呼ばれます。

惠木さんは、あの渦の造形から、中世の神仏衆合的感覚・修験者をイメージされるようですね・・・。

中川戸神楽団

広島からの神楽ファンが会場をリ―ドします。
益田から来たというおじちゃんのお話。
『広島はなんとまぁ女の人が上手に笛を吹きんさる。』
『あがぁにきれいな舞手さんがおるん?』
と感心していました~にかっ

≪茨木≫



上絵美ちゃんlove



上キューッ
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.234397秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3296527