神話もいろいろ。


上夕方5:30。西の空、4等級の金星が浮かびます。
(電線の下。肉眼だとすぐわかるよー)


星昨夜は、月・シリウス・オリオン・ふたご座流星群のコラボでした星

AM3:00。あまりにも月がまぶしいので躊躇しながら出掛けました。

流れましたね~にこっ

1時間で19個。(その後、雲が広がって強制終了)

ほとんど西の空。オリオンの近く。

緩やかなスピードで、真っ白に光る、長い尾をひくものが多かったです。

あれくらいなら、願い事が3回言えるかもしれない・・・。

でもいつも『うわ~~~~っ』って言ってるな。


ダイヤところで、冬の星座を代表するオリオン座。ダイヤ

神話に伝えられるオリオンは、海の神・ポセイドンの息子。

強靭な肉体と、類まれな美しさを兼ね備える青年で、優秀な猟師です。

だけど、星座図で描かれるオリオンはみんな“ヒゲもじゃのおっちゃん”だねにひひ



上オリオン周辺。大きくして見てね。

オリオンの神話には代表的なものが2つあります。

1つは、猟師の腕前をあまりにも鼻にかけるオリオンに、大地の女神が怒り、サソリを仕向け刺殺してしまうというお話。

今でもオリオンはサソリが怖いので、さそり座がのぼると、西へ沈んでしまいます。確かに・・・。

2つ目は、月の女神・アルテミスと恋に落ちたオリオン。

妹の恋に反対する、アルテミスの兄、太陽神・アポロンの策略により、アルテミスは、遥か海の上で金色に輝くオリオンを、愛する人とは知らず、矢で射ぬいてしまいます。

一部始終を見ていた大神・ゼウスは、二人を哀れに思い、オリオンを星の姿で天に昇らせます。

アルテミスはオリオンに逢いたくて、月の姿で夜空を巡っているというお話。

。。。2つの神話は全く印象が違いますね。


うさぎさて、星座を巡るとうさぎ

オリオンの足元には獲物のうさぎ座。

傍には、猟犬のおおいぬ座・こいぬ座。

オリオンの顔の先には・・・オリオンが一目ぼれをして何年も追いかけまわしたので(こらー怒)、白いハトに姿を変えて逃げた7人の美しい姉妹、プレアデス星団(すばる)があります。

逸話が多いオリオンは、キャラクターの一貫性はありませんが、クリスマスのロマンチックな夜には、こんな話もいいかな??
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.300278秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3284833