練達の士を訪ねて。
星昨日ご紹介したシンポジウムで星

ブラジル神楽保存会の古田川猛(こだがわ たけし)さんにお逢いしました。

益田市の久々茂神楽保存会で、石見神楽の基本を学ぶため、一か月の修行滞在です。

新聞やニュースで度々話題となるのでご存じの方も多いでしょう。

思わぬ出逢いに興奮して、矢継ぎ早に質問を浴びせてしまいましたが、おおらかな人柄で受けとめてくださいました。



サンパウロに本拠地を置くブラジル神楽保存会は、1969年発足。

40年を過ぎるんですね!

メンバーは20~30代を中心に、島根・広島に縁のある日系人と、神楽の魅力に参ってしまったブラジル人、計15名。

オロチのスサもブラジルの方だそうですにかっ

年間に10~15回の公演があるそうですが・・・

今、ブラジルは神楽ブームらしいよ~音符

広島生まれで、8歳からブラジルで暮らし、子供神楽を学んだ古田川さん。

成人して日本で働き、家業を継ぐためブラジルに帰国したところ、神楽指導者の高齢化に保存会の危機を感じ、先頭に立って継承に尽力されます。

益田市の社中などの皆さんは、数年前には130点にものぼる衣装や道具を支援として寄贈され、現地での指導も実現しています。

・・・師弟交流というのでしょうか。

この度は、久々茂神楽保存会の三原会長のご自宅に寝泊り。

鬼の演舞や奏楽の稽古に励み、各地の神楽に足を運ばれました。

数日前の成果発表会では、塵倫の男鬼を堂々と務められたそうです。

・・・石見神楽の里の暮らしも、終わりが近づきました。

ブラジルのメンバーも帰りを楽しみに待っておられるでしょう。

地球の反対側から、ご健闘をお祈りします!

※正確には日本の裏側は、ブラジル沖1200キロの、
 大西洋の海の上~(*^_^*)

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.257717秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3287550