深秋神楽。


上 あーら、お元気ぃ? 渡 夫人よ~

ダイヤ本格的な冬を迎える前にダイヤ

家族親戚、地域の皆さんが集う筒賀神楽祭。

お重のご馳走を囲む姿。神楽ならではの懐かしいコミュニティを感じます。

毎年思いますが、筒賀の神楽祭りは、舞台にあがる人も、会場で鑑賞する方も、両方がとてもユニークで明るい。

遊び心も、重厚な伝統も、全て包み込む温かな拍手です。

印象的だったのは、三谷神楽団の皆さんが用意された5本のカレンダーで

残った10人の方に二人一組でジャンケンをしてもらった時のこと。

ジャンケンに勝った、小学生の男の子が言いました。
『勝ったんだけど。。。僕より小さい子だから譲る!』

筒賀。優しい子供が育っていますね四葉

神楽は・・とにかく個性ありありっ。濃かったよーにかっ

星今年当番だった、梶原神楽団



上煤掃き。天孫降臨で道案内を務めた猿田彦命。
大きな鼻・大きな目で正しい道を見極める「導きの神」として奉られます。



上頼政。鬼と狒々、2つずつ出ます。



上配役も、頼政、猪早太ではなく、大神・小神(こしん)と現します。



上清本十四男(としお)団長。この日、3年ぶりに奉弊を舞われました。
“ジャケットに烏帽子”が、清本スタイルです太陽



上八岐大蛇。
地元の祭りだから、できるだけ全員が出演できるようにと、大蛇。



上成敗されたと思ったら、ピョーンピョン。



上エグジャ(蛇)イル。チューチュ―トレ~イン音符
完璧なぐるぐるダンスでしたオッケー

星三谷神楽団。半年ぶりに拝見した紅葉狩です。



上キレイ。雅です。



上三谷神楽団の皆さんの新舞姿。私にはまだ新鮮です。
少しずつ、慣れていこう。

下配役紹介が聞こえないほどの拍手で始まった大江山。



上この酒呑童子に逢いに来てるんだなーと。



上藤原保昌の木下淳二さん。本気だっ。



上頼光と酒呑童子、愛の逃避行。



上手打鉦で、待つ!

。。。。写真が多くて載りません。つづく。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.249122秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289686