こんなこともある。


上 よかったね。

星 週末開催された、広島市小学校陸上記録会で 星

高跳びに出場した娘は、思いがけず優勝することができました。

小さいころから、浜田の砂浜や安佐町の野山を走り回り、ついでに逃げ足も速い娘。

昨年、100m走の表彰台に上ったことを励みに、今年も記録を伸ばすべく短距離に力を注いできました。

が!なんと!

ジャンケンで選出された種目は“高跳び”

花形の100mに希望者が集まり、ジャンケンになったと。
 
食事もできないほど落ち込み、出たくないと泣き出す日もありました。

体育の授業でしか経験のない高跳び。不安はよく分かります。

「公平に決めたんだからしかたないでしょう」と喉まで出掛かる言葉を飲み込んで様子を見ることにしました。


しばらくして、大会数日前のある日、学校から帰った娘が、明るく高らかに言い放ちました。

『高跳び、行き当たりばったりにする!!』

ええ~~~っ???

『高跳び、やるだけやってみることにする!!』と言いたかったんだそうで、二人でゲラゲラ。

やっと元気になった。

先生たちの説得と、友達の『応援に行くからガンバレ』という励ましのおかげ。

それから数日間の練習は、放課後の体育館でゴム飛び。

120㎝入賞圏内を目指しましたが、どうしても110㎝以上跳べないまま終了しました。

でも私は嬉しかったです。

娘がそれを受け入れたことと、関わりのなかった先生たちと楽しそうに練習を重ねたことが。



上 会場のビッグアーチ。イチョウ並木が黄金に変わりはじめています。
  秋の味覚のあの匂いが充満していて。。にひひ


さて当日は、女子高跳び最終組に振り分けられた娘は出番が遅く、同じ学校の代表メンバーの応援に走りまわっていました。

子供たちの全力の姿。

新記録や好記録の喜び、最後まで走り貫くひたむきさへの声援は、学校間の壁はありませんね。



上広島市内・約120校・1500人の参加。
 100m走・幅跳び・高跳び・ハードル・ソフトボール投げが一斉に始まり、
 最後に400mリレーです。




上練習風景。トテトテ、ピョーンの正面跳び。

いよいよ召集の声がかかり『楽しんでおいでね』と送り出したものの、慰めの言葉ばかり頭に浮かんでくる汗

しかし、本番では終始リラックスして挑み、順調に120㎝をクリアし、123㎝も3回目にクリアしたときには、ひとり。

126㎝の挑戦は、3回目でバーにおしりが当たってビョ~ンビョ~ンと揺れましたが・・・落ちない!!

先生たちが手を挙げて踊っているのが印象的でした。



上午前中の他の競技がほぼ終わっていたので、大画面で応援して
  もらいました。全く気が付かなかったそうです。




上126㎝の白旗が上がったところです。

続く129㎝はクリアできず、大会記録の141㎝(平成7年記録)にも遠く及ばないけど。

挑戦する機会を与えてもらったことをとても感謝しています。

最初は本当にイヤだったけど、やって良かったと担任の先生と話す娘。

『じゃあ今年こそオタフクカップ(恒例の小学駅伝)に出るよね?』

『え~長距離?それだけは絶対にイヤッ』と即答。

あらら なんじゃそらっにかっ

お茶 ところで、当初落ち込んでいた娘に お茶

『もし入賞したら、金魚飼ってもいい?』と何気に聞かれて、『いいよ~』と軽く約束してしまった。

早速、勉強机の隣に新しい仲間。

だって!!まさかのまさかでしょダッシュ



上 更紗琉金の“ゆうちゅん“でーす。
  まだ1歳です。ぷっくりヒラヒラ ¥498なり。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.235257秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3286118