立ったり、座ったり。


上 東山神楽団 神降ろしで幕開け。
神を舞う山根秀紀さん。神々を迎える舞台、真っ白な足袋。


ダイヤ『とりに来たでぇ!出るんじゃけぇの!』というダイヤ

明るく清々しい挨拶が交わされていた、芸石・開会式の舞台そで。

来賓の方も『なんか。いつにも増して良い緊張感ですね。』と挨拶されました。

神楽人同士、お互いを認め合って競う舞台。

見守る側もソワソワです。

競演当日、そのひとつの演目が全てと分かっていても、ひたむきで、愚直な想いと人柄に触れると、怖さで席を立ってしまうこともしばしば。
   
嬉しい涙を見ると本当に良かったと思うし、悔し涙もまた、その姿を焼き付けておこうと思います。

『勝ちたいに決まっとろう!』本気で掴みにいく姿、格好良いですにこっ



上琴庄神楽団 山姥
実行委員会の方々が作業の手を止めて、
『野上さんはさすがじゃ~』と涙した場面。


下筏津神楽団 天の岩戸



上神楽の喜びに満ち満ちた素晴らしい舞台でした!



上鈿女の命で個人賞を受賞された今田拓也さん。
謙虚でしっかり者の高校生。感心します。




上再び優勝旗を手に。

下 亀山神楽社中 鍾馗

古よりこの舞は重んじられ、一神一鬼で演じられるその舞は役舞とよばれ、
鍾馗・疫神とも社中を代表する舞手が演じるため、鍾馗をみればその社中
の実力が分かるとさえいわれる。。。大会パンフレットより。




上石見の誇りを持って。
舞台と会場を見事にリードして繋げる。




上静と動。面・衣装・ダイナミックさの合致。

下 上本地神楽団 悪狐退治から



上異彩を放つ上本地!今回も全員神楽でした!
玉藻前は福本真吾さん。




上金平義政さんのほっこりした珍斎。
あれだけリラックスした展開の上に、上演時間の見事な管理。
後頭部をしこたま強打されてましたが、お元気でしょうかにひひ


下特出、大都神楽団・頼政。長時間の緊張感を和ませてくれます。
何かやってくれるかな、という期待に応えるところがすごい。



| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.236812秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3292968