明日は十六夜。


家 まんまるお月さんですね 家

昇るお月様を、リビングから眺める。

お月見は大切な楽しみな行事です。

秋の美味しいもの、何をお供えするのか考えるのが好きですりんご

娘と。電気を消して月明かりと虫の声を感じながら、ポケ~ッと月を眺める。

すると、なんか、だんだんクスクス可笑しくなってきて、爆笑に変わるのはなぜか??

特に今年は、6年ぶりに十五夜(旧暦8月15日)と満月が一致して、めでたい感じがしますね。



上今年は「芋名月」にちなんで、サツマイモ団子を供える。
  スィートポテトを作って丸めました。


さて、新月を各月の1日としていた旧暦(一般に天保暦)。

だいたい15日くらいに満月を迎えるので一五夜。

ここまではよーくわかるとして にくきゅう

でも、新月から新月までは平均29.5日。×12か月で345日。
10日くらい足りません。

これを閏(うるう)月でまかなって、ズレを修正していたんですね~。

閏月は19年に7回くらい必要で、これが組み込まれた閏年は1年が13か月あり、384日前後あったとのこと。長っきゅー

しかも閏月の算出方法はかなり複雑。
「13月」なんて月もありません。

調整に該当する期間は、前の月に「閏」を付けて呼ばれます。

現代のカレンダーにすると!
9月30日の夜、カレンダーをめくったら10月ではなく、《閏(うるう)9月》と書かれていて、明日はまた、9月1日だよ~ん音符ということです。

昔の人はカレンダーがないと暮らしにくかったでしょうね。

。。。それだけ、自然を読むことに長けていたのかな。

算数は苦手~、寝よっ音符



上 あっぎょ こらっカツオっ怒
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.249397秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3286115