大蛇、ムギュッ♪


上 「清嵐荘」にて。AM6時、独り占め。鳥の声と霧雨。

花出雲風土記に《漆仁(しつに)の湯》として登場する出雲湯村温泉花

「川辺に薬湯あり。一たび浴(ゆあみ)すれば身体(みぬち)和らぎ、再び濯(すす)げば満(よろづ)の病消除(のこぞる)。」

少しぬるめ、無臭で軽い湯質は、繰り返し入っても疲れにくい。

入浴後に、両腕の皮がクルクルと剥けて落ちた ぎょ

早速の効能か。。。脱皮か?



上 足名椎・手名椎の古墳のほとりにあった銘古木。
 撫でると、100歳の寿命を保つそうだ。
 よっけてさんは何回も摩ってたから、500歳くらいまで生きるよっ!



太陽 込み合う病院のロビーで 太陽

たまたま手に取った「さんいん キラリ春号」。
写真も文も美しい読み応えのある雑誌ですね。初めて手にしました。

島根県の神楽と、浜田の観光・石見神楽が特集されていました。

その中で、深野神楽保存会のご縁でご一緒した、出雲市の《大土地神楽保存会》が取り上げらていて、ちょっと感動音符

古書に1798年の記録があり、300年以上も途絶える事無く受け継がれてきた大土地神楽は、現在は国の文化財指定を受けている宝です。

この度拝見した「八戸(やと)」。※八岐大蛇と流れを同じとする
雅な囃子に、能舞の要素が残る古風な舞い振り。
でも、見たことがない神楽。独特です。



上囃子手さんの肩衣(かたぎぬ)がインパクトありますね。
 白衣袴では神職さんと同じになってしまうため、
 違いを出すために取り入れたのではないかというお話でした。




上 素尊の面です。見慣れたスサとはまた違う、かっこよさ星

永い歴史・伝統という言葉に緊張しながらお話を伺ったのですが、この日、小太鼓を務めた坂本伸仁(のぶひと)さんは温和な方で、国の指定を受けた長短はとても興味深く。

又、重んじることが大切な一方、周りとの比較で生まれる焦りについても、ユニークな表現で触れておられました。

大きな責任に誇りを持ち、弾力性がありおおらか、そんな印象を皆さんから受けました。

人柄を知ると、次の機会がもっと楽しみになりますねっ。


ひよこ ところで、舞台袖では ひよこ

『これが出雲の“トカゲ蛇(じゃ)”かぁloveと、大興しておりました。

かわいい-っ d(●>ω<●)))

胴体はふかふかクッションの手触り。

大蛇の姿の違いも、これまた神楽の里を巡る楽しみです。 にかっ



上 『ふー。今日も蒸すな。。。』
 舞手(男前でした!)の顔は、赤い布の部分に。
 もちろん正面を向いています。




上 『出番はまだかなーっと。』



上 『では、行ってきまーす チョキ
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.336412秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3293028