集合、解散、集合。


上大都さんと宮乃木さん。団の枠を超えて。

四葉 昨夜は、神楽の祭典《反省会》でした 四葉

確かに反省会だった。そして明るい会だった。

くるくると席を移動しながら、お互いの好物をグラスに注ぎ合っては懐に飛び込んでいく。

神楽人は繊細ですね。

今回は初演も多く、準備期間から当日まで、気持ちや生活の有り方も普通ではなかったでしょう。

本当にお疲れ様でした。

一つの舞台に決着をつけて、秋の神楽に向かいましょう。

『旨いものを食べながら、神楽をどうしていくかを話す。
 これを続けることが大事。』

『これから秋祭り。体を大切にして良い舞をし、後半もがんばろう』

最後は景気よく一本締めでしたが、みんな名残惜しくて。

私たちスタッフの反省点と、団員・社中員さんのそれとは大きく違いますが、一つの演目のために費やす何か、様々な背景を大切にしたいと思います!



上 混!



上前日60歳の誕生日を迎えられた大都神楽団の恵木英臣団長(中央)。
  『息子の(勇也さん)(右)夏休みの宿題の工作は、
  僕が手動扇風機を作ったんですよー。』

  大塚の竹田さんは、今年娘さんの工作のために神楽笛を作りました!
  
  夏休みの工作に親が参加??するのも伝統行事のひとつかな~。


ところで、、大塚神楽団の竹田淳一さんから、ブログについて素敵なご意見を繰り返しいただきました。 あ~り~が~と~う。

星とインコの話題に興味がないって言ってたなー。。。じゃあ今後は、星とインコの話を大幅にふやしていこ~っとにひひ

ちなみに今、10時ごろから東の空に大きく輝いているのは木星。

いや~木星観測シーズンですなぁ。

秋は月も美しい。澄んでくる星空に大注目です!

ダイヤ そして、神楽の祭典2日め《神楽新時代》 ダイヤ

およそ、700席ほぼ満席のお客様で、神楽団、社中の方の顔もたくさん見えましたよ にかっ

暑い中、長時間の舞台でしたね。

《平成は神楽革命時代。地域や時代を超えて「神楽」という一つの文化を共有し、同じ舞台で交じり合いお互いに高まっていく時代を迎えています》

前の夜眠れないほど楽しみにしていたのに。

残念ながら、当日は打ち合わせと舞台転換に必死で、どの演目も見ることができませんでした ダッシュ

写真におさめた場面だけ見られたぞっ。

役割だから仕方ありませんね。楽しみを残してるってことで にひひ

交流というテーマで、どんな“点”でも“線”になっていく面白さ。

これからも扉は大きく開いたままです!!



上 大都神楽団・新作「土蛛」より。
 時代に葬られた、まつろわぬ者たちへの鎮魂の想いを込めて。

 

 
上 宮乃木神楽団・新作「女狐退治」より。
 4,50年前に舞われたきりといわれる、梶矢神楽団の「伊予の国の女狐退
 治」を先代の団長さんから口伝えで継承し、岩見重太郎に取り込み、オリジ
 ナルの物語として仕上げました。




上 亀山社中・「月一の舞のための 戸隠山雅鬼揃」
 石見の社中で姫が多数出るのはとても珍しい。。。




上真っ赤に染まって降り広がる紅葉は、妖しく表情豊かでした。
 。。この紅葉を持って帰る方もいらっしゃいました。
 

※神楽の杜の特派員報告では、それぞれの舞台報告をしていますので
 見てくださいね。
  
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.265837秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3286118