神楽を運ぶ。
ダイヤ フィナーレを迎えました ダイヤ

広島夏の芸術祭・神楽公演。
最終日は、竹原市民館で、東山神楽団の皆さんが務められました。

東山の皆さんは、福山や府中などの公演依頼も多く、はるばる応援に来てくださった方もあり、会場は「神楽が初めて」という方と「もうっ!好きで好きで仕方ない」という方の2つに分かれている感じがしました。

楽の皆さんにしろ、舞手の皆さんにしろ、拍手や歓声が欲しい所で入る、というのは何よりの気持ちよさでしょうにこっ
おかげで、土蜘蛛は3回もアンコールに応え、粘りました!

神楽歴9年という、24歳の増田智也さん。スポーツマンと伺い納得。
直後は多少の息切れはありますが、すぐにケロリっとな。
いつも感心します~グー



上源頼光 山根秀紀さん。久しぶりで・・・とおっしゃっていましたが、
 しっくりと落ち着きます。やはり品がありますね。




上 佐原浩二さんの胡蝶は、キュンってなるほどかわいいのに。 



上 これから長ーい合戦になるのである にひひ

りんご 幕間での、お客さんからの、宮上団長への質問 りんご

やはり、衣装や面の早変わりに興味津々でした。

そこで今日は、実際に《体験》をメインにしようということで、会場から子供たちがキラキラと舞台に上がってきてくれました。

演技指導を受け、くるっとまわって面をくわえポーズを決めてくれた地元の小学生の男の子。『くわえ面、重かった』と話してくれました。
本当に素直で素晴らしい感想です。感謝。

今後の予定などを伺う途中、宮上さんがお客さんへ投げかけた言葉です。
『ぜひ今度は神楽の里へ足を運んでください。少しでも興味を持たれた方は遠慮せんこ~に。いつでも連絡が取れるように名刺をお渡しします。』

チラシがありますよーと案内するより、何倍も魅力的ですよね。。。
横で普段の自分を反省しておりました 汗

第2幕は、およそ3年ぶりの天神記。
和歌の掛け合いに聞き入りました。
しかし!場面展開も出演者も多い。よって衣装や手道具も多い、多い!
裏方さんはてんてこ舞いですが、総動員のチーム力で、存分に楽しませていただきましたにかっ



上 時平の謀により、九州・筑紫、太宰権帥へ流される最初の場面。



上 菅原道真は河月聡志さん。貫録です。たしかPTA会長だったよね太陽



上管秀才は出上(いでうえ)忠美さん。復帰おめでとうございます。
 河月さんとのコンビも復活ですね!




上上演後の、記念撮影会。満喫している一枚。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.423305秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3298374