大集合だったー!


上今田神楽団の神降しで、いよいよ始まるよ!

ダイヤ 千代田地区、16団体17演目、13時間神楽 ダイヤ

20回開催を祝して開催された、記念すべき共演大会。
土曜お昼11時40分に開会式を行い、心をひとつに17演目。
翌0時40分解散。

もちろんぜ~~~んぶ見ましたっ
楽しかったなー (>ω<)

終わってしまうと淋しくて、まだまだいける!って思いました。
石見出身ですから~ にひひ

競演と違って、舞台の上そでには私一人、放し飼い。
“じゃあ、舞台が見渡せる2階の照明室で見ちゃお。イッヒヒ”
と「ひとり桝席」を企て、はしごをその都度上り下りしておりましたら、体中のへんなとこの筋が今も痛いのです。
でも、ほぼ正面から見られたからね。にぱっ

会場も外のバザー席も、ほぼ満席。
顔と名前が分かる舞台の柔らかさ。
千代田地区内とはいえ、同じ日に16団体が都合をつけ、一斉に集われることが素晴らしいと思いました。

その16団体。。。今更ながら、それぞれの持ち味の違い。
しみじみと面や衣装に関心し、口上の趣に浸り、素朴さと斬新さを見比べ、私はとても充実し、夢中でした。

そして、同じ演目・登場人物の描き方の違い。。。
勧善懲悪の枠を超え、神楽の物語にテーマが存在し、見る側へ問いかけ、投げかける。
散り行く者の潔さ、鬼とはいえその心。

見る側は、神楽の舞台に自分の何かを重ねています。

キャッチボールの面白さ、なのでしょう。

20回の大きな節目!おめでとうございます!!



上砂庭神楽団の八岐大蛇から。手名椎さん。
 気になる。こういうおばあちゃんいるよね!




上有田神楽団、天の岩戸(いわど)から、天鈿女命。
 可憐な鈿女ちゃんも好きですが、日本のお母ちゃんみたいな雰囲気も
 好き。




上各神楽団へ、青年部から感謝状が贈られました。
 今までありがとう。これからもどうぞよろしく。
 ※写真は山王神楽団 田坂真吾団長




上上本地神楽団 壇ノ浦より。釣り太郎の釣竿に和尚さんがかかったよ!
 って、パンフの配役に載ってな~い ぎょ
 共演の舞台を最大限に活かす。。。




上知盛に、全てを察する二位の尼 平時子。
 「沖本 周子(ちかこ)さん」(美!ぽわわ)の唄に耳を傾けよ!

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.244452秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3297766