6月の花嫁。


上二人には保護者がよ~けよ~けいます。
 みんな、自分のことのように、素晴らしい笑顔で にかっ


太陽 先週の土曜日 太陽

大雨の予報は外れ、まぶしい青空が広がった日。
水内神楽団の、森下幸則さんの結婚式。

私は、ブライダルの司会は、親しい方しかできませんが、
結婚式の細かい準備に、たいていの男性は、積極的な意見は少ない。

2回に渡った打ち合わせも
『わしは何でもええです』
『じゃあ、そがぁでいいです。』
あまけに、当日の開式前には『早う、終わらんかの~~ダッシュダッシュ

ここだけ聞くと、どうでもいいように聞こえますが、新婦のやりたいように、
又、私の手間にならないようにとの気遣い。

加えて照れ屋の森下さんに、新婦がニコニコと寄り添います。
実はとても頼りになる新郎さんでした。

この度、二人の仲を最終的に取り持った 西 恭彦団長。
新婦・奈緒さんの意志を、森下さんより早くから本人に聞いていて、黙って見守っておられたようです。
披露宴では、メガネを外し涙を拭い、かけたと思ったらまた外し。。。にこっ

お開き後、ラフな姿に戻った森下さんが、
『新郎の挨拶をどがーしちゃろうかぁ、すごい考えとったんじゃけど。。
 結婚式も披露宴も、みんなが雰囲気を作ってくれるもんなんですね!
 考える必要なかったです。』

そうですね、と答えつつ、私は大きな衝撃を受けておりました。
本当に、その通りですね、森下さん。
どんな舞台でも、そういられたら。。。

秋には家族が増えて忙しくなります。
喜びをひとつずつ重ねていきましょう。

ご結婚、おめでとうございます。



上いよっ!めでたい恵比寿舞。
 恵比寿様にチャリ2人。凝ってましたね~。
 チャリ役の副団長・小松永正(ながまさ)さん
 『32歳独身!友達からよろしくお願いしま~す音符




上とはいえ、やはり、主役は花嫁さん。
 ドレスは、身内の方が幸せを祈って縫い上げられた手作り。




上普段はじゃれあって“クソおやじ!”とか言ってるけどにひひ
 こんなにも喜んでくれる、かけがえのない人。 

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.282799秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3299080