幼虫のお話です。注意してね。


上昨年初夏。朝、羽化したナミアゲハ。
 上手に飛べるようになったら、お別れ。
※ナミアゲハ。。。小ぶりな黒と黄色の良くみられるアゲハ。
 “ナミ”は“平凡、珍しくない”という意味からきてるらしい。



上ナガサキアゲハのメス。羽を乾かしています。   
  オスは一見真黒ですが、光の加減で青く光ってきれいです。


家 毎年この季節、我が家では 家 

ナミアゲハを、卵や幼虫から飼育し、3~4匹旅立たせる恒例行事があります。

名前は全て『なみちゃん』。

たいてい、柑橘類の葉が主食なので、庭に山椒や柚子があるお宅に、いつでも枝を持ち帰っても良い、という了解をもらっています。

しかし昨年は『なみちゃん』と思って連れて帰った2匹の幼虫が、

なんと『ナガサキアゲハ』。

日本最大級クラスのアゲハであるその幼虫は、親指の太さに、長さは6センチもある、威風堂々とした芋虫!

食欲旺盛、「ジャクジャク」と豪快に食べる音で、夜中起こされるほどで。。。

そうはいっても、およそ一か月を共に過ごし、ある朝羽化した姿は清らかで、胸が熱くなりますにこっ 

チューリップ そんなわけで、今年の第一号は チューリップ

家に来てから一週間。

間違いなく『なみちゃん』。白靴下がチャームポイントです。

昨夜脱皮をして、終齢幼虫になりました。

これから何倍も食べて、どんどん大きくなって、およそ1週間後に蛹になる予定です太陽



上 5/23 若齢幼虫。鳥の糞に擬態しています。



上5/28 怪獣みたい。



上 昨夜脱皮直後、まだ体の色が薄く、ふにゃふにゃです。
  顔のお面もポロリと取れました。「つかれた~~汗




上 今夜のなみちゃん。おじさんみたい。

ダイヤ唐突ではありますが。。。ダイヤ

揚羽といえば平家一門でしょうか。

他にもたくさん見られて面白いですよ!下

http://www.otomiya.com/kamon/animal/tyo.htm
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前  2020年07月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.276309秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3682402