匂い淡し。


先月10日。夕霞に揺れる月。

晴れのち曇り 黄砂に覆われて 晴れのち曇り

一日、柔らかな日差しでしたね。

風塵・砂塵と聞けば、やはり塵倫が顔を出すでしょ?

( ´∀`)人(´∀` )。

ちょうど今頃、黄砂の季節、夕暮れに想う 《朧月夜》。

郷愁に溢れた大正生まれのこの曲は、誕生してから、もう100年近くが経ちます。

作詞家で、文学博士の『高野辰之さん(明治9年~昭和22年)』は、長野県旧豊田村(現:中野市)の生まれ。

ご自身が生まれ育った信州の、春の景色です。



上 朧月夜の歌詞にある鐘といわれています。
 同じく、《故郷》や《紅葉》もこの地から誕生しました。
 ※文部省唱歌と絵画より


今になってやっと意味が分かる歌詞もあるけど、歌われる風景や香りや音を、自分の中に描けるのは幸せだと思います。

旋律に乗せて、なお趣を放つのは、この詩全体が4・4・3・3の心地良い韻律(リズム?)で成り立っているからなのかもしれません。

詩を、詩として声に出して朗読すると、また胸いっぱいに広がってきますね。


菜の花畠に 入り日薄れ  見渡す山の端 霞深し

春風そよ吹く 空を見れば  夕月かかりて 匂い淡し


里わの火影も 森の色も  田中の小路を たどる人も

蛙の鳴く音も 鐘の音も  さながら霞める 朧月夜



匂い淡しの“におい”は、古語で“色合いが美しい”こと。

何もかも、おぼろげに包む春宵。

。。。明日は新月。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.250753秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3286118