いちご、好きだ~。


上ケーキ屋さんみたいな事務所。

花 パッケージ関係の営業をするTさんが 花

いちご農園にプレゼンに行くよっ音符というので、連れて行ってもらいました。

岩国インターから、麗らかな2号線をワクワク15分。

車を降りると、目の覚めるような、濃厚なイチゴの香りが漂っていました。





上真っ白なビニールハウスの中で、毎日の作業を教えてもらいました。
 大変だけど、と言いながら、楽しそうにお話される竹岡さん。


竹岡竜男さんは、バイタリテ溢れる若きオーナー。

『日本で一番イチゴを食べていると思います!』
日本全国のイチゴを食べ歩き、自分の進むべき道を確信したそうです。

「どうして、イチゴなんですか?」

「え??イチゴが大好きなんです。」。。。シンプル~グー

そして、この土地の日照時間と水質のベストな関係が、竹岡さんを呼び寄せたとか。

広島市内から毎日農園に通っておられますが、伺ってみると2年前まで、
私の隣近所にお住まいで、お子さんもその当時、娘と同じ学校の同級生。
運動会の共通の思い出話で盛り上がりました。

今になってご縁をいただくなんて、不思議です。



上100mのベンチ(手作り)が17列・1万株 ぎょ
 優しい音楽も聞こえます。メルヘンな雰囲気。




上かわいい。大切に育てられているのが伝わってきます。

さて!主役のいちご。

こちらのイチゴは7割が、レストランやケーキ店に出荷されます。
職人の舌が認めているイチゴたち。

食べ比べてみてください、と並べていただいたイチゴ。

下やよいひめ、さがほのか、章姫(あきひめ)など5種類。



初めていただいた《かなみひめ》は、口当たりが良く、香りが高く甘い。
イチゴ感が長く残ります。

《紅ほっぺ》は、一口食べて、“おいし~い”とみんなが顔を見合わせました。果汁も多く、果肉も厚く、1粒の満足度が高い。

イチゴの味が濃くしっかりしているので、チョコフォンデュでも負けない。

甘いか、酸味があるかで選んできたけど、イチゴの楽しみ方や味わいはもっともっと深いな、と思いました。



ところで最近、1粒1万円のイチゴや(よく売れているらしい)握りこぶし大のイチゴなど、すっごいことになっていますね あうっ
新分野への挑戦や、ちょっとした贅沢は、景気に華を添えてくれると良いな、と思います。

探究心の塊のような竹岡さんですので、やはり、大きさや甘さなど、全国のいちご農園とのネットワークを展開しながら研究栽培に取り組んでおられます。

が!私のような者でも手が届くイチゴ。。。

これからもよろしくです~ ヾ(´▽`*)ゝ♪

さがら農園HP下 イチゴ好きな方は、ブログもおすすめ。

http://www.sagarafarm.com/



上ビニールハウスには数万匹のみつばち。せっせとよく働くタイプ。



上のんびり屋さんは外の木箱の中。花の蜜の回収担当。
  性格がちゃんとあるのね。。「ぼちぼち出かけるー?」
  
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.280338秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3284852